画像提供:沼田学氏

 

壁一面に並ぶポートレート。ふと感じる違和感。

モデルの目が全て「白目」になっている。思わずぎょっとするが、壁一面の白目の人々に見つめられていると不思議な気分になってくる。

 

沼田学個展「界面をなぞる3」

※01.09[金]~01.21[水] / 東京都 / 新宿眼科画廊 スペースM

 

人の心を理解することは出来るのか?
「目は口ほどにものを言う」のか?
人の外見は内面の一番外側なのか?
その人の部屋や持ち物は、脳みそや内面の延長なのか?


そういった疑問から始まった展覧会。今回が3回目の開催で、およそ150点の「白目写真」が展示されている。人の心、内面は写真に絶対写らないと考えたフォトグラファーの沼田学さん。だからこそ、ひたすら‘外側’を撮り続けてきたという。
 

目は口ほどに物を言う?

これらの写真はいわゆるポートレートだが、沼田さんが求めたのは個性を消して『“ヒト”を“モノ”のように撮りたい』ということ。瞳を消すことが、一番簡単にヒトらしさを失くすことだという結論に達した。

確かに、瞳はヒトの身体の中でも非常に小さな部分だが、そこを隠すだけでこれほど写真の雰囲気が変わってしまうとは。考えてみればこんな小さな器官だが、それを見つめることで得られる情報は少なくない。

最初は違和感を覚えた白目だが、慣れてくると妙に安心する。焦点の合わない白目だと“見られている”という意識が少なく、モデルたちの視線をあまり感じないせいかもしれない。

「ヤバチケ」更新情報が受け取れます