ローランド、MIDI音源「SOUND Canvas」がiOSアプリで復活、2月10日までは特別価格で

2015.2.2 14:12配信
SOUND Canvas for iOS

ローランドは、1月29日、1990年代のコンピュータ・ミュージック用の定番音源として普及していたDTM向け音源モジュール「SOUND Canvas」をiPhone/iPadで活用できるソフトウェア・シンセサイザー with SMFプレーヤーアプリ「SOUND Canvas for iOS」をApp Storeで発売した。価格は2000円で、2月10日までは特別価格の1500円で販売する。

高品位の1600音色/63ドラムを搭載し、最大16パートの楽器を同時に鳴らすことができるソフトウェア・シンセサイザー。SMF(スタンダード・ミディ・ファイル)形式に対応し、ジャズやロック、ポピュラー、フルオーケストラによる映画音楽やシンフォニーなど、「SOUND Canvas」シリーズ用につくられた過去のさまざまなジャンルの曲データをそのまま再生できる。

「SC-8820」「SC-88Pro」「SC-88」「SC-55」の4種類の音色配列(マップ)を備え、「SOUND Canvas」シリーズと互換性を確保。「CM-64」「GM2」の音色配列のSMF再生に対応し、リバーブ/コーラス/ディレイ/2バンドEQの内蔵エフェクトや、64種類のインサーションエフェクトを搭載。最新技術による高い演算精度で、高品質のサウンドを再生する。

内蔵SMFプレーヤーは、曲のキーやテンポの変更に対応し、任意の区間を繰り返し再生する「ループ再生機能」や、複数の曲を連続再生する「ソング・リスト・プレイ」、ドラム/ベース/ギター/ボーカルのアイコンをタップするだけで任意の楽器音を消す「イージー・マイナス・ワン」など、多彩な機能を備える。

Core MIDI対応なので、別売のiPhone/iPad対応MIDIインターフェース「UM-ONE mk2」と組み合わせることで、iPhone/iPadを外部音源として使用できる。また、「Roland MusicData Browser」を使用すれば、SMF形式のミュージックデータを簡単に購入できる。

対応機種は、iOS 8.1.2以降を搭載したiPhone 6/6 Plus/5s、iPad Air 2/Air、iPad mini 3/mini 2/mini。

「SOUND Canvas for iOS」のダウンロード

いま人気の動画

     

人気記事ランキング