ソフトバンクBB、「フレッツ光 ネクスト」を使った光回線サービス「SoftBank 光」、携帯電話とのセット割引も

2015.2.2 18:34配信
「SoftBank 光」ウェブサイトの画面(イメージ)

ソフトバンクBBは、NTT東日本とNTT西日本が提供する光回線サービスを使った独自サービス「SoftBank 光」の提供を3月1日に開始する。2月4日に事前受付を開始する。

NTT東日本とNTT西日本が提供する光回線サービス「フレッツ光 ネクスト」を使用し、最大約1Gbpsの光ブロードバンドサービスをソフトバンクBBが独自に提供。「SoftBank 光」に新たに契約する「新規」と、契約中の「フレッツ光」を「SoftBank 光」に変更する「転用」の2種類がある。

提供エリアは、NTT東日本とNTT西日本の「フレッツ光ネクスト」の提供エリアと同じ。回線+プロバイダの税別月額料金は、2年契約の「自動更新ありプラン」と「自動更新なしプラン」の2種類で、「自動更新ありプラン」のホームタイプが5200円、マンションタイプが3800円。「自動更新なしプラン」のホームタイプが6300円、マンションタイプが4900円。「新規」「転用」ともに、契約事務手数料3000円が必要。

同時に、対象のソフトバンク携帯電話と「SoftBank 光」などのソフトバンクBBが提供する固定通信サービスといっしょに契約すると、ソフトバンクのスマートフォンなどの利用料金から最大で月額2000円、固定通信サービスの利用料金から1424円を割り引くサービス「スマート値引き」を提供する。

さらに「スマート値引き」加入者を対象に、モバイルWi-Fiルータを新規で契約すると、モバイルWi-Fiルータの利用料金から月額最大で1522円を割り引く「スマート値引き Wi-Fiルーター特典」を提供。「SoftBank 光」に加え、「スマート値引き」「スマート値引き Wi-Fiルーター特典」も2月4日に事前受付を開始する。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング