アニメ好きで有名な足立梨花さんがパーソナリティーを務めるラジオ番組が7月よりスタート。足立さんにイケメンキャラの魅力や今期ハマっている作品など聞いてきました!

足立さんがパーソナリティーを務める『チケットぴあ presents 足立梨花のアニだちっ!』は、アニメを愛してやまない人はもちろん、ちょっと気になっているというアニメ初心者にも向けた“アニメ入門プログラム”。

足立さんが好きなイケメンキャラのタイプや今後の番組の野望とは?

アニメ好きのリスナーと一緒に盛り上げるラジオ

――今回の番組は、アニメ初心者も楽しめるアニメ入門プログラムということですが、反響はどうですか?

足立:初心者向けではあるんですけど、初心者だけに向けている番組でもないので、アニメをまだよく知らない人はもちろん、アニメ好きにも改めて「アニメって楽しいよね」と、思ってもらうことをコンセプトにした番組です。

思ったよりもたくさんメッセージもいただいていて、放送中にハッシュタグをつけてSNSに投稿して盛り上げてくださる方もいらっしゃいますね。

TOKYO FMの番組なんですけど、今はいろいろな配信方法があるので全国のみなさんが聴いてくださっていて嬉しいです。

それがSNSのハッシュタグによって目に入ってくるので、すごくありがたいなと思いながらやっています。

――今回の番組をやるにあたって改めて勉強したことは?

足立:改めて勉強するというよりは、一緒に知っていこう、というスタイルですね。

本当に知らないものはきちんと知らないと言うし、知っているものは「こういうところが良いよね」と共感するので、リスナーのみなさんと一緒に盛り上げていくラジオになっています。

――三行でアニメを紹介するコーナー「アニメの窓口」は、わかりやすいなと思いました。

足立:わかりやすいんですけど、どこを三行でまとめるかが難しくて。番組でも紹介したんですけど、リスナーのみなさんの方が三行にまとめるのがすごく上手かったので、いつか私もリベンジしたいなと思いました(笑)。

――作品を見る視点や注目ポイントが、人それぞれ違いますものね。

足立:客観的に聞くと、「そうそう、こう言いたかったんですよ」と思えるようなまとめ方がみなさん上手でした。

あれもこれも言いたい、と欲が出てきちゃうんですけど、それを取っ払って簡潔に言った方が確かに興味は持ってもらえるのかなと思ったし、いろいろ発見もありました。

――そのコーナーも含め、番組の初ゲストが桃井はるこさんでしたが、盛り上がっていましたね。

足立:おすすめしていただいたアニメが深い作品だったのでめちゃくちたくさんお話ししました。収録時間がだいぶ押したので、泣く泣くカットした部分があるくらい盛り上がりました。

――桃井はるこさんとは、1年間ほど『アニカル部!』(アニマックス)で共演されて、かなり仲良くなられたんだなと感じました。

足立:ふふふ、そうですね。回を重ねるごとに仲良くなっていって、この間も「放送が終わってからのほうがプライベートで会うよね」と話していました。

番組放送中も何回かごはんに行こうと計画したんですけど、なかなか予定が合わなくて。でも、『アニカル部!』が終わってからも“アニ活”としてコラボカフェに行ったり、とても楽しんでいます。