社員が“働きやすさ”を評価! 「働きがいのある企業ランキング」ベスト10

仕事や職場に求めることは人それぞれ。それでも1日の約3分の1を過ごす場所なので、なんらかの「働きがい」は必要ですよね。今回は、先日発表された「働きがいのある企業ランキング2015」の結果をもとに、「働きがい」について考えてみたいと思います。

みなさんは、今の仕事に働きがいを感じているでしょうか。
また、働いている職場、会社に満足しているでしょうか。

仕事に求めることは人それぞれ。
それでも1日の1/3にあたる、8時間という長い時間を過ごす場所なので、なんらかの「働きがい」は必要ですよね。

先日、「働きがいのある企業ランキング2015」が発表されました。

できれば、自分にとって最高の条件でお仕事ができればよいですが、その業界や職種によっても、働きがいを感じるポイントに差があるかもしれません。

今回はその結果をもとに「働きがい」について、考えてみたいと思います。

 

8割の転職経験者が入社後にギャップを感じている

※エン転職コンサルタント調べ

人材紹介会社集合サイト『エン転職コンサルタント』行った「転職後のギャップ」のアンケート結果によると、転職経験のある人の実に8割が入社後にギャップを感じているのだそうです。

 

※エン転職コンサルタント調べ

ギャップの中でも悪いギャップのトップ3は「風土・社風が悪かった」(42%)、「昇給しにくい」(38%)、「教育体制が整備されていなかった」(36%)という結果になりました。反対に良かった点のトップ3は「特になし」(28%)、「中途入社者が多かった」(21%)、「経験できる仕事が増えた」(21%)となっています。

このギャップに関しては、堅実に見えた社風が実は保守的だった、という持つイメージと実際に働いてみたときのイメージが違ったものから、「昇給あり」と言われたのに、実際に昇給するのは難しかったなどと提示された条件と違うというものまでさまざまでした。

新卒でも中途でも新しい会社に入社し、新天地で頑張ろう!という気持ちの中で、悪い方のギャップがあるとなんだかやる気がそがれてしまいますね。

それでは、みなさんはどんなところに働きがいを感じるのでしょうか。
別の調査結果を見てみましょう。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング