ソニー、フルHDのプレミアムモデル、省スペースモデルで高音質を実現

2015.2.3 13:1配信
KDL-55W950B

ソニーは、液晶テレビ「ブラビア」シリーズの新製品として、55V型ながらコンパクトなスペースに設置できる高音質・高画質のプレミアムフルHDモデル「KDL-55W950B」を、2月28日に発売する。価格はオープンで、税別の実勢価格は21万円前後の見込み。

くさび形の本体構造によって低重心化を実現。奥行きの短いスタンドで設置の自由度を高めた。きょう体内に、豊かな中低音と聞きとりやすい音声を再生する大容量の「ロングダクトスピーカー」と、クリアで自然な音を再現する「ClearAudio+」を搭載。別売のワイヤレスサブウーファー「SWF-BR100」を接続すれば、より迫力のある重低音を楽しむことができる。

映像の明るさに応じてLEDバックライトの発光をエリアごとに制御する部分駆動によって、映像の暗い部分の電力を明るい部分に集中させて輝度を向上する高輝度・高コントラスト技術「X-tended Dynamic Range」を採用し、つややかな光の輝きを再現する。データベース型複数枚超解像技術でさまざまな映像をリアルに再現する超解像エンジン「X-Reality PRO」と、豊かな色彩を再現する広色域技術「トリルミナスディスプレイ」を搭載する。

電源オフの状態から1秒前後で起動する高速起動や、放送番組/ネット動画/録画番組など、多彩な映像ソースからコンテンツを簡単に検索できる「番組チェック」機能を搭載。スマートフォンのように直感的に操作できる「タッチパッドリモコン」が付属する。

インターフェースは、D5入力×1、ビデオ入力×1、HDMI入力×4、MHL入力(HDMI兼用)×1、光デジタル音声出力×1、USB×3、100BASE-TX/10BASE-T準拠の有線LAN端子×1などを備える。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング