笑福亭鶴瓶の舞台『スジナシ』にマツコら出演!

2015.2.3 18:20配信
舞台「スジナシBLITZシアター」記者発表 (左から)中井美穂、笑福亭鶴瓶 舞台「スジナシBLITZシアター」記者発表 (左から)中井美穂、笑福亭鶴瓶

笑福亭鶴瓶が出演する舞台『スジナシBLITZシアター』が3月2日(月)・3日(火)・4日(水)に東京・赤坂BLITZで上演。同作の記者発表が都内で行なわれ、笑福亭鶴瓶と進行役の中井美穂が出席した。

【チケット情報はこちら】

スジナシは、笑福亭鶴瓶とゲストがスタジオに組まれたひとつのセットを舞台にぶっつけ本番&一発勝負のアドリブドラマを演じ、その後、出来上がったドラマを見ながらトークするテレビ番組で、1998年から2014年まで放送。そこから派生した、舞台版の「劇場スジナシ」も過去数回行なわれている。

スジナシがスタートした経緯について、鶴瓶は「フリーでやるトーク番組はこれまで色々やってるけど、役になりきってフリーでお芝居をやるというのをやりたかった。というのも、それが一番その人の私生活や素が見えるから」と語った。また、進行役の中井美穂については、「OK!ってお芝居を止めてくれる人が欲しくて頼んだんですが、最初の頃は芝居を見るのが好きすぎてなかなか止めてくれなかった(笑)。慣れてきたらだいぶ上手く止めるようになったけど」と評した。

中井は「スジナシ」について「人は1番困った時には普段思ってることしか出てこない。だから出てくる登場人物やエピソードとかも、普段周りにいる人や、実際に自分が体験したものが出てくる。役になりきっているようで、実はその人の素顔が出てくるという恐ろしい舞台です」と分析。また「OK」を出すタイミングについては「演者のふたりがそこからまた展開を考えているのかどうか、そこを見極めなくてはいけないので、大分上手くなったとは思いますが、まだまだ師匠にはダメ出しされますね(笑)」と苦笑い。すると鶴瓶は「吉田羊さんがゲストの時は、もうちょっとでキスできたのに、そこで「OK」が出てしまって…あれは今でも悔やんでますね(笑)」と語ると、中井は「鶴瓶さんはいつ何が起きても大丈夫なように、歯を磨いてる(笑)」と暴露するという一幕もあった。

また、今回この記者会見で、3月2日(月) に佐藤浩市、3日(火) に大島優子、4日(水)にマツコ・デラックスと、各日の出演者が発表された。出演者について鶴瓶は「この3人は凄いよね。佐藤とは飲みに行ったりはするけど、共演は初めて。出て欲しかったけど、本当に出てくれると思わなかった(笑)。大島は度胸満点だし、楽しみ。マツコは前に1度スジナシに出た事あるけど、メチャメチャおもろかった。舞台でやるのは初めてだから、どんな風になるかな」とコメント。また中井は劇場でのスジナシの醍醐味について「効果音を出してもらったり、最後にタイトルを決めたりと、お客さんに参加していただくところがたくさんあるので、そこも楽しんでもらいたい」と話した。

舞台『スジナシBLITZシアター』は3月2日(月) ・ 3日(火) ・ 4日(水)に東京・赤坂BLITZで上演。また、全国の映画館でライブビューイングの開催も決定している。なお、チケットぴあでは本公演の先行抽選プレリザーブを実施中。受付は2月4日(水)午後11時59分まで。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング