TEENTOPよりチームワークいい!? リッキー、セヨンら…K-POPアイドル出演“イケメン”ミュージカルに意気込み

2015.2.3 21:45

セヨン(CROSS GENE)、ドンヒョン(BOYFRIEND)、リッキー(TEENTOP)、ミヌ(ZE:A)が2月3日、都内で行われた韓国ミュージカル『僕らのイケメン青果店~チョンガンネ』(2月16日~2月22日、東京・サンシャイン劇場)の記者会見に登壇した。

人気K-POPアイドルが出演する韓国ミュージカル『僕らのイケメン青果店~チョンガンネ』(2月16日~2月22日、東京・サンシャイン劇場)の記者会見が2月3日、都内で行われ、キャストのセヨン(CROSS GENE)、ドンヒョン(BOYFRIEND)、リッキー(TEENTOP)、ミヌ(ZE:A)が登壇した。

小さな青果店からスタートし、年商300億を誇る食品流通会社にまで成長させた青年実業家の実話をもとにした“5人のイケメン”たちの奮闘記。韓国では小説がベストセラーになり、舞台化され、ドラマ化された人気作。韓国で2008年に初演。日本で2013年に初演され、翌年2月の再演を経て、今回が3度目の上演。

“5人のイケメン”のうち、祖母の病院費を稼ぐために、ホストクラブで働いていた青年ジファン役をセヨン、アメリカの名門バークレー経営学部に留学経験があるお坊ちゃまユンミン役をドンヒョン、兵役を終えたばかりの末っ子チョルジン役をリッキーとミヌがダブルキャストで演じる。

役柄との共通点をきかれたセヨンは、「ホスト役なので似ている部分はありません!」とキッパリ。役作りには、「以前にこの役を演じた方や、インターネットでホストについて調べたので、しっかりわかっているつもりです」と自信を見せる。演技は大変な様子で「悩みました」と話すも、「ミュージカル俳優の先輩方からひとつひとつ細かく、いろんなスタイルがあることを見せてもらって勉強になっています。自分のものにしていけていると思う」と、手ごたえを感じているようだ。

「韓流ぴあ」更新情報が受け取れます

人気記事ランキング

スペシャル動画

ソーシャルアカウント