人気が続くAirPods

全国の家電量販店やネットショップから実売データを集計している「BCNランキング」によると、8月にもっとも売れたヘッドホン・イヤホン(ヘッドセット含む)は、前月に引き続きAppleの「AirPods(MMEF2J/A)」だった。

AirPodsは、Appleが16年12月に発売した、通話可能な完全ワイヤレスイヤホン。充電ケースと組み合わせれば、24時間以上音楽を聴き続けられる。イヤホンの脱着で音楽の再生/一時停止をコントロールできる手軽さも好評だ。

3位につけた、オンキヨー&パイオニアが14年2月に発売した「密閉型ダイナミックステレオヘッドホン(SE-M521)」は、実勢価格が1200円程度ながら、迫力のある低音再生を実現する。遮音性に優れた密閉型なので、音漏れの心配も少ない。

前月9位だったボーズの完全ワイヤレスイヤホン「SoundSport Free wireless headphones Black」は、10位にダウン。イヤホンへの水滴の侵入を防ぎつつ、耳にフィットして外れにくい設計になっており、同社は運動中に装着するイヤホンとして訴求している。

ビックカメラやヨドバシカメラなどの家電量販店のなかには、完全ワイヤレスイヤホンの実際の付け心地や、音質を確かめられる売り場を設けている店舗がある。スタッフと対面しながら試用できるので、購入を検討するユーザーが多く利用しているようだ。

*「BCNランキング」は、全国の主要家電量販店・ネットショップからパソコン本体、デジタル家電などの実売データを毎日収集・集計している実売データベースで、日本の店頭市場の約4割(パソコンの場合)をカバーしています。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます