カフェ・ポルトフィーノ「スパークリングワインカクテル(ブルーゼリー入り)」 ©Disney

2018年9月11日から開始となった「ディズニー・ハロウィーン」。2018年も東京ディズニーシーでは、ヴィランズ(悪役)をテーマとした、怪しくて不気味な期間限定カクテルなどが登場しています。

今回はそんなヴィランズのハロウィーン時期だけの、怪しくてちょっと不気味なアルコールドリンクを販売している、東京ディズニーシーのレストラン全4店を紹介。

特徴や隠れたストーリー等とともに、各アルコールも実飲レポでお届けします。

  1. カフェ・ポルトフィーノ|スパークリングワインカクテル(ブルーゼリー入り)
  2. ニューヨーク・デリ|ビアカクテル(サワーホワイト)
  3. バーナクル・ビルズ|ビアカクテル(ざくろシロップ)
  4. ミゲルズ・エルドラド・キャンティーナ|スパークリングカクテル(ざくろ&ブルーシロップ)

1. 出入り口に近くて便利「カフェ・ポルトフィーノ」

カフェ・ポルトフィーノのテラス席 ©Disney

まず最初にご紹介するのは、ディズニーシーの玄関口、メディテレーニアンハーバーにあるレストラン、「カフェ・ポルトフィーノ」。

こちらはパークのエントランスに近く、閉園間際の一番遅い時間までオープンしているレストラン。

またメニューもドリンクだけでなく、単品やデザート、サラダそしてセットメニューなど多彩。

もちろん、お茶をするだけでも、しっかり食事をするのにもオーケーですし、何かと使い勝手の良いレストランです。

ちなみに「カフェ・ポルトフィーノ」は、もともと船の道具や、漁に使う網等を、修理するお店でした。

そこがレストランに改装されているため、レストランの中には漁などに使う、網やブイ、ウキなどが置かれています。

また、同じメディテレーニアンハーバーにあるレストラン「ザンビーニ・ブラザーズ・リストランテ」の三兄弟が作ったワインボトルが、レストランの奥にあるワイン棚に飾られているなど、細かなこだわりもあるので、探してみてくださいね。

スパークリングワインカクテル(ブルーゼリー入り)680円

カフェ・ポルトフィーノ「スパークリングワインカクテル(ブルーゼリー入り)」 ©Disney

そんな「カフェ・ポルトフィーノ」で販売しているのは、「スパークリングワインカクテル(ブルーゼリー入り)」680円。

赤、黄色、青の三層になった、カラフルで不気味なワインカクテル。

「深紅の血」のようなこちらのワインカクテルは、その見た目の不気味さとは逆に、赤ワインとオレンジリキュールの柑橘系の味で、さっぱりとした飲み口です。

また、しっかり混ぜて飲むと、ブルーゼリーの軽い苦味のような味が広がり、ちょっと変わった味になります。

アルコール感はあまり高くなく、さっぱりと爽やかに飲めるワインカクテルです。

「ディズニー特集 -ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます