彼にしてほしくないと思っていることがあるのに、嫌われるのが怖くて「イヤ」と言えずにいませんか?

空気を悪くするくらいなら自分が我慢していればいいやと、彼に「イヤ」と伝えるのを諦めてはいませんか?

自分の気持ちを言えずに飲み込むと、その度に心が重くなってしまいますよね。

実は、女性の示す態度によって、彼からの信頼度は大きく変わってくるのです。

「嫌われたくない」その気持ちが裏目に!?

この、嫌われない努力。報われるならまだしも、実はあまり良い影響はなく、むしろキケンとも言えます。

女性がイヤなことを「イヤ」と言わない、やってほしいことを「やってほしい」と言わない状態、つまり何でも彼の言うことを聞いてしまうようになると、彼の“彼女に対する安心度”が必要以上に上がってしまうのです。

この“彼女に対する安心度”が上がり過ぎるとどうなるかというと、付き合っていく上で必要な彼にとっての“彼女との間の緊張感”が弱まってしまいます。

この“彼女との間の緊張感”が弱まることで、彼は「彼女は自分のことが好きだから大丈夫!」と調子に乗ってしまう恐れがあるのです。

これでは2人の信頼関係が深まるどころか、まさに都合のいい女への道をまっしぐら、ですね。

このことから分かることは、必ずしも、彼の安心度が高くなれば信頼関係も深まるというわけではないということです。

この彼の安心度は、女性の態度によって変動します。一体どんな態度を取った方が、ふたりの信頼関係は深いものになるのでしょうか。詳しくご紹介します。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます