(画像左から)高畑淳子、鶴見辰吾、若村麻由美 (画像左から)高畑淳子、鶴見辰吾、若村麻由美

いま、世界的に注目を集める女流作家ルーシー・カークウッドによるサスペンス仕立ての傑作「チルドレン」が、2018年、栗山民也の演出により、日本で初めて上演される。9月12日、東京・世田谷パブリックシアターでの上演を前に、報道陣向けにフォトコールと出演者による囲み取材が実施された。

【チケット情報はこちら】

巨大地震、大津波、それに伴う原発事故が起きた影響で海辺のコテージに移り住んだ夫婦の妻・ヘイゼルを高畑淳子が、夫・ロビンを鶴見辰吾が演じ、ふたりを数十年ぶり訪ねてくる女友達・ローズを若村麻由美が演じる本作。人生の後半に差し掛かった3人だが、昔は原子力発電所で一緒に働いていた核技術者同士。若村演じるローズは、その過去を踏まえ、衝撃的な提案をするためにふたりのもとへやってきたのだった――。

すでに9月8日に埼玉・彩の国さいたま芸術劇場 大ホールでの公演を経た3人は、本作の手応えをすでに感じ取ったようだ。「お客様にじっくり観ていただき、大自然の警鐘などのテーマを表現した明かりがとても美しかったというお声をいただいた」と高畑が語ると、続く鶴見は、「帰りの電車の中でぐるぐる想像が止まらないような状態になる作品だと言われた」と、自身の友人からの感想を披露。若村は、「3人の科学者の話だが、人生後半に入って、各々の人生を振りかえったときに、シンプルにこのあとなにをすべきかを考えるような、ご覧いただいた方々にもお持ち帰りいただけるような意味深い演劇作品になったと思う」と自信をのぞかせた。

「笑いどころも満載なので、テーマは重いが遠慮なく笑ってほしい」と若村が語るように、劇中は、思わずクスりとなる日常的な会話も満載。芸達者な役者が演じる洒落た会話と、男女3人という組み合わせの不安定な人間模様の行き先にも注目だ。

「ただ原発の話・災害の話ではなく、“生きていこう”している話。そして、必ず人間に生まれたからには死ぬ。じゃあ――、という話なので、本当にかしこまらないで観ていただきたい」(高畑)という本作は、9月26日(水)まで世田谷パブリックシアターにて上演後、愛知、大阪、高知、福岡、宮城を巡演予定。チケット好評発売中。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます