DNP、マネキンの服をプロジェクションマッピングで着せ替えするシステム

2015.2.5 13:37配信
マネキンタイプ

大日本印刷(DNP)は、プロジェクションマッピングを使った店舗向け映像システム「DNPプロジェクションマッピング(パッケージ版)」を発売した。

屋内で行うプロジェクションマッピングに必要な機能をパッケージ化。洋服などの映像をマネキンに映し出すタイプと、店内などの壁面に映像を映すタイプを提供する。

マネキンタイプは、マネキンに着せたTシャツとパンツの前面に映像を投射するもので、全身タイプと上半身タイプの2種類がある。マネキンを設置する専用のボックスやパネル、投影用プロジェクター、再生機をセットで提供し、約2分の3D映像を制作する。

壁面タイプは、製品などの立体形状のレリーフを施したパネルなどを壁に掛け、そのパネルや壁面に映像を投射。投射する映像サイズは80インチ以内。レリーフを施した立体のパネルと投影する約2分の3D映像を制作する。展示会などで自社製品の内部構造を画像で紹介するなど、表面上では見えないものを可視化できる。

1週間レンタルまたは買取りが選択できる。マネキン全身タイプ、マネキン上半身タイプ、壁面タイプは、それぞれ、セット機器、設置費、映像制作費がかかる。1週間レンタルのマネキン全身タイプの場合、税別価格は、セット機器が20万円~、設置費が30万円~、映像制作費が170万円~。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング