筆まめ、簡単な操作でプロ級の印刷物が作成できるソフト「パーソナル編集長Ver.11」

2015.2.5 18:31配信
「パーソナル編集長Ver.11」(左)と「パーソナル編集長Ver.11 書籍セット」

筆まめは、新聞やチラシが作成できる一般向けDTPソフト「パーソナル編集長」シリーズの最新版「パーソナル編集長Ver.11」のダウンロード版を、筆まめダウンロードショップで発売した。パッケージ(CD-ROM)版は、2月13日に発売する。

豊富なテンプレートとバリエーション豊かなイラスト素材・文章・写真データを活用して、新聞や冊子、チラシなど、さまざまな印刷物が簡単に作成できるDTPソフト。ユーザーインターフェースを一新し、ボタンや機能名を大きく表示するなど、操作性が向上した。また、モニタを十分に使って編集画面を表示するので、作業がしやすくなった。

本格的できれいな見出しができるイワタ見出し新聞書体を新たに2書体(ゴシック体・明朝体)収録。本文用の2書体と合わせ、計4書体のイワタ新聞書体を収録した。また、印刷用PDFの規格「PDF/X」の作成に対応。印刷入稿に適したPDF規格なので、ネット印刷通販や出力センターなどに手軽に印刷を依頼できる。

対応OSは、Windows 10(対応保証)/Windows 8.1/8/7/Vista SP2以上/XP SP3以上。税別価格は、ダウンロード版が1万2380円、パッケージ(CD-ROM)版が1万6800円。新聞作成のコツやソフトの操作方法を解説した書籍が付属するパッケージ(CD-ROM)版「パーソナル編集長Ver.11 書籍セット」が1万8700円。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング