©2018 Disney Enterprises, Inc.

映画『プーと大人になった僕』が2018年9月14日(金)日本公開。

大人になったクリストファー・ロビンを演じる名優ユアン・マクレガーが待望の初来日!

ユアンとクリストファー・ロビン、そして親友のプーとの関係について伺いました。

プーと初共演して

ユアン「大親友と呼ばれる存在に4ヶ月撮影で一緒に過ごしたためになったわけだけれども、やっぱりでもテディベアなのはテディベアなわけですよね。

なので想像力を駆使して一緒に演技しなければいけないわけだけど、完成した作品を見てすごく驚いたのは、自分が思い描いていた通りの演技をプーがしてくれていたんですね。

それは現場で実際にテディベアがいてテイクをする。

その後にVFXチーム用に灰色の毛が全くないツルツルのやつに置き換えてやる、あるいは手足がない状態でやる、みたいなことをたくさんテイクを重ねていたのと、監督が若い役者さんたちにそれぞれのキャラクターを演じてもらっていたんですね。

なので1人で何もないところで演技するのではなく、そこにプーがいて、それを手で持っている若い俳優さん方がいてセリフは全部その俳優さんが言ってくださる。

アドリブを言えばアドリブに付いてきてくださる。

それをVFXのチームがずっと見ていてくれたので、まさに演技をそのまま映像してくれたからだと思うんですね。」

「ディズニー特集 -ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます