トレンドマイクロのホームページのトップ画面でも大きく表示

9月12日、トレンドマイクロのセキュリティーソフト「ウイルスバスター」のiOSアプリが、アップルのApp Storeから公開停止となった。同社のホームページのトップ画面でも「Trend Micro社制iOSアプリのApp Storeから閲覧できない件について」として大きくアナウンス。トレンドマイクロの広報関係者は、「現在調査中」として原因を追究している。

12日16時現在、対象となる個人向けiOSアプリは「ウイルスバスター モバイル」(ウイルスバスター クラウドからのダウンロードも利用不可)「パスワードマネージャー」「ウイルスバスター for Home Network」「ウイルスバスターマルチデバイス月額版」「ウイルスバスターモバイル月額版」「ウイルスバスター+デジタルサポート月額版」「パスワードマネージャー月額版」「フリーWi-Fiプロテクション」「Jewelry Box」「ライトクリーナー/ライトクリーナーLE」の10種類。法人向けアプリは「Trend Micro Mobile Security」の1種類となっている。

これらのアプリがApp Storeで検索しても表示されない状況になっているため、インストールできない。実際に、「ウイルスバスター」や「トレンドマイクロ」で検索しても表示されない状況になっている。既に、インストール済みのアプリやAndroid版では問題なく動作する。

トレンドマイクロ製品に関しては、同社が米国で展開するMac用セキュリティソフトのDr.Cleaner、Dr.Cleaner Pro、Dr. Antivirus、Dr.Unarchiver、Dr.Battery、Duplicate Finderをユーザーがインストールする際、アドウェアやそのほかの脅威に遭ったかどうかを分析するため、ブラウザの閲覧履歴を収集していたことが明らかになっていた。同社米国法人では、閲覧履歴はインストール直前の24時間分さかのぼって1回だけ収集し、アップロードしたことを確認したとする。

ただし、ユーザーには使用許諾契約書(EULA)で開示して許可を得ていると主張する。また、Dr.Cleanerの情報サイトのドメインが中国で登録されていたことから、中国のサーバーに情報を送信しているのではないかという懸念の声も上がっていたが、ブラウザの閲覧履歴は、トレンドマイクロが管理する米AWS(アマゾン・ウェブ・サービス)のサーバーにアップロードしたという。米トレンドマイクロは、顧客の不安を真剣に受け止めて、対象となっている製品からブラウザ履歴収集機能を削除することに決めたと発表している。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます