ニコン、有効3630万画素のプロ・ハイアマチュア向けデジタル一眼レフ、「D800」と「D800E」

2012.2.7 18:37配信
中央左が映像カンパニー開発本部の山本部長、中央右が五代社長

ニコンは、2月7日、35mmフルサイズ対応のデジタル一眼レフカメラで世界最高となる有効3630万画素のCMOSセンサを搭載したプロ・ハイアマチュア向けデジタル一眼レフ「D800」を、3月22日に発売すると発表した。価格はオープンで、実勢価格はボディ単体で30万円前後の見込み。

ニコンイメージングジャパンの五代厚司社長は、「『NIKKOR』レンズの実力を十分に発揮し、静止画、動画とも圧倒的な高画質を実現する双子の2モデルを発表する。新商品が今年のカメラ商戦で大きな話題になることを切に願う」と新製品を紹介した。

「D800」は、有効約3630万画素の35.9×24.0mmサイズのニコンFXフォーマットCMOSセンサを備え、中判デジタルカメラに匹敵するほどの高画質を実現するミドルクラスのデジタル一眼レフカメラ。高速・高性能化した新画像処理エンジン「EXPEED 3」が、色再現性や階調処理、高感度撮影の処理を高速で行うとともに、豊かな階調表現を実現した。

常用ISO感度は、ISO 100-6400で、夜明け前や日没後などの光の少ない状況でも、静止画・動画ともに高画質を実現。拡張設定では、ISO 50相当の減感設定(Lo1)やISO 25600相当の増感設定(Hi2)に対応する。

AEセンサには、同社のデジタル一眼レフのフラッグシップモデル「D4」が採用した「91KピクセルRGBセンサー」を採用。高精度な「アドバンストシーン認識システム」で、光学ファインダー使用時にも人物の顔認識ができる。「3D-RGBマルチパターン測光III」は、画面内に人物の顔があるシーンで顔の明るさを考慮した露出制御を実現し、逆光時にも最適な顔の明るさを再現する。

AFセンサは「D4」と同じ「アドバンストマルチCAM 3500FX」で、AFポイントは51点。うち15点はクロスタイプセンサ、11点はF8に対応する。スポーツ撮影など、超望遠レンズとテレコンバータの組み合わせで合成F値が8になる場合でも、高精度なピント合わせができる。

動画撮影機能は、1920×1080/30pのフルHDに対応。「マルチエリアモードフルHD Dムービー」を備え、撮影用途に合わせて「FXベースの動画フォーマット」と「DXベースの動画フォーマット」の二つの撮像範囲を選択できる。

本体にヘッドホン端子を新たに搭載。また、動画や動画ライブビュー映像を液晶モニタと外部モニタに同時表示できる。なお、動画ライブビュー映像をHDMI出力して外部レコーダーに非圧縮で直接記録することも可能。

視野率約100%、ファインダー倍率約0.7倍のファインダーを搭載。ボディは防塵・防滴処理を施したマグネシウム合金製で、「D700」と同等の堅牢性を保ちながら約10%の軽量化を実現した。サイズは幅146.0×高さ123.0×奥行き81.5mmで、重さは1000g。UDMA対応のコンパクトフラッシュと、UHS-I対応SDメモリカードのデュアルスロットを備える。

このほか、「AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR」レンズをセットにした「D800 28-300 VRレンズキット」を3月22日に発売する。価格はオープンで、実勢価格は40万円前後の見込み。

また、「D800」のCMOSセンサから偽色やモアレを抑制する光学ローパスフィルタを外し、より高い解像感を実現する「D800E」を、4月12日に発売する。価格はオープンで、実勢価格は35万円前後の見込み。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング