フルサイズ一眼レフにリコーが参戦、2強の寡占市場にどう切り込むのか

2015.2.6 21:44配信
リコーが開発を発表したフルサイズセンサの一眼レフカメラ

リコーイメージングは、2月5日、35ミリフルサイズセンサを搭載した一眼レフカメラの開発を発表した。Kマウントを採用したPENTAXブランドのモデルで、製品名は未定。2015年中の発売を目指す。2月12~15日に横浜で開かれるアジア最大級のカメラと写真映像の見本市「CP+2015」で参考出品する。

現在、フルサイズ一眼レフ市場の状況は、トップのキヤノンと2位ニコンの寡占市場。ここにリコーが割って入ることになる。一眼レフに占めるフルサイズモデルの販売台数構成比はおよそ1割前後で、この1月は8.0%だった。

そのなかでキヤノンとニコンは接戦を繰り広げ、1月時点のメーカーシェアはキヤノンが56.1%、ニコンが43.5%だった。昨年1月はキヤノンが66.7%、ニコンが32.9%と大きな差が開いていたが、7月と12月には両社の順位が逆転する場面もあるなど、徐々に差は詰まってきている。

今年1月の製品別販売台数ランキングは、1位がキヤノンの「EOS 6D」で30.9%、2位が「EOS 5D Mark III」で22.5%だった。3位はニコンの「D810」で12.6%。以降6位までをニコンが占めた。こうした状況のなか、リコーの新モデルがどのようなスペックで戦いを挑むのか、注目が集まる。(道越一郎)

*「BCNランキング」は、全国の主要家電量販店・ネットショップからPC本体、デジタル家電などの実売データを毎日収集・集計している実売データベース(PCの場合)で、日本の店頭市場の約4割をカバーしています。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング