富士フイルム、175°回転チルト式液晶モニタ搭載のミラーレス一眼「FUJIFILM X-A2」

2015.2.6 22:34配信
FUJIFILM X-A2

富士フイルムは、デジタルカメラ「Xシリーズ」から、プレミアムミラーレス一眼「FUJIFILM X-A2」を、2月26日に発売する。カラーは、シルバー、ブラウン、ホワイトの3色。価格はオープン。

APS-Cサイズで有効画素数1630万画素CMOSセンサと、画像処理エンジン「EXRプロセッサーII」を採用し、コンパクトながら高画質を実現。写真フィルムの開発で培った画質設計によって、温かみのある人肌や抜けるような空の景色など、美しい色再現と、大型センサならではの美しいボケ味が得られる。

撮影感度は、常用領域がISO200~6400で、ブレを抑えたい場面や、夜間や室内など光量の少ない環境での撮影では、ISO12800、ISO25600の拡張設定にも対応する。

さまざまな撮影モードをすばやく設定できる「モードダイヤル」を搭載。シーンに合わせた最適な撮影条件を自動で設定する「アドバンストSRオート」によって、簡単に高画質の写真が撮影できる。また、2基のコマンドダイヤルによって、絞り、シャッタースピード、露出設定をすばやく調整でき、ホワイトバランス、連写、セルフタイマーなどよく使う機能はファンクションボタンに割りあてることができる。

AF(オートフォーカス)機能は、瞳にピントを合わせる「瞳AF」や、接写時に自動的にマクロモードに切り替える「オートマクロAF」、ポイントが合っているエリアを自動的に最大9点で表示する「マルチターゲット オートエリアAF」を搭載。シャッタータイムラグは0.05秒、撮影間隔は0.4秒、起動時間は0.5秒の高速レスポンスで、シャッターチャンスを逃さず撮影できる。

背面の液晶モニタは、「Xシリーズ」初の175°回転チルト式で、液晶モニタを回転するとAFモードを自動的に「瞳AF」に切り替えるなど、快適に自分撮りができる。子どもやペットなどの目線に合わせたローアングル撮影や、人垣や障害物の上からのハイアングル撮影にも対応する。

このほか、シーンに合わせて発光量をコントロールする「スーパーiフラッシュ」、独自のカラーモード「フィルムシミュレーション」をはじめとする多彩な撮影モードを搭載。フルハイビジョン動画撮影や、専用アプリ「FUJIFILM Camera Application」を利用したスマートフォン/タブレット端末への写真や動画の転送など、さまざまな機能を備える。

対応メディアはSDXC/SDHC/SDカードで、UHS-Iにも対応する。サイズは幅116.9×高さ66.5×奥行き40.4mmで、重さは約350g。

税別の実勢価格は、ボディ単体が5万円前後、標準ズームレンズ「XC16-50mmF3.5-5.6 OIS II」が付属する「FUJIFILM X-A2 レンズキット」が6万円前後、「XC16-50mmF3.5-5.6 OIS II」と望遠ズームレンズ「XC50-230mmF4.5-6.7 OIS II」が付属する「FUJIFILM X-A2 ダブルズームレンズキット」が7万5000円前後の見込み。

「FUJIFILM X-A2」の発売を記念して、「FUJIFILM X-A2」を購入して申し込んだ人を対象に、Xマウント専用アクセサリ「フィルターレンズ(XM-FL)」をもれなくプレゼントする「X-A2発売記念キャンペーン」を実施する。期間は発売から5月7日まで。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング