iPhone XR

米Appleは、現地時間の9月12日(日本時間9月13日)、最新OS「iOS 12」を搭載し、3D顔認証機能「Face ID」に対応したスマートフォン「iPhone XR(テン・アール)」を、米国や日本など世界50以上の国・地域で発売すると発表した。 2017年に引き続き、Appleは年末商戦に向けて3機種投入。同時に発表した上位機種「iPhone XS Max/XS」は有機ELディスプレイだが、「iPhone XR」は、高い色精度、広色域をサポートし、解像度1792×828ピクセル(326ppi)、約6.1インチの液晶ディスプレイ「Liquid Retina ディスプレイ」を搭載する。「iPhone 8」にあったホームボタンはなくなり、指紋認証の「Touch ID」も非対応となった。

ノッチのあるデザイン、パワフルな7ナノメーターのA12 Bionicチップ、次世代のNeural Engine、顔認証やセルフィー撮影に効果を発揮するTrueDepthカメラシステムは共通。画面に顔を向けると、画面ロックの解除やApple Payによる支払いが可能な「Face ID」は、「iPhone X」より高速化。さらにバッテリー駆動時間は、「iPhone 8 Plus」より1時間半長くなったという。

メインカメラは、画素数は「iPhone 8/8 Plus」と同じ1200万画素だが、ソフトウェアを強化。まったく新しいセンサーとF値1.8の広角レンズを採用し、シングルカメラにも関わらず、ソフトウェア補正で、ポートレート写真に美しいボケ効果を加えることができる。

オールスクリーンのガラスとアルミニウム製のボディは、IP67等級に適合する防沫性能と耐水性能を備える。ストレージ容量は64/256/512GBの3種類。カラーは、ホワイト、ブラック、ブルー、イエロー、ビビッドなオレンジのコーラルと、売上の一部を寄付する「(PRODUCT)RED」の6色。

日本では、ソフトバンク、KDDI(au)、NTTドコモが販売し、10月19日から予約受付を開始する。Appleのオンラインストアでの販売価格は、税別で64GBが8万4800円、256GBが9万800円、512GBが10万1800円。発売予定日は10月26日。

同時に発表した、「iPhone XS Max/XS」とスマートウォッチ「Apple Watch Series 4」は9月21日に発売する。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます