橋本さとし出演、シェイクスピア恋の悲喜劇

2015.2.9 15:43配信
橋本さとし 橋本さとし

年明け早々、『アダムス・ファミリー』で演じた陽気なお化けの家長・ゴメス役が高く評価され、第22回読売演劇大賞優秀男優賞に輝いた橋本さとし。「褒められて伸びるタイプ。一層役者の道を極めたい」と意気込みも新たに今春、受賞後第1作となる舞台、シェイクスピア喜劇『十二夜』に出演する。過去に『レ・ミゼラブル』など3作品でタッグを組んだジョン・ケアードが演出を手掛ける世界初演作だ。

「十二夜」チケット情報

物語は双子の兄妹(音月桂・2役)が巻き起こす恋のドタバタコメディ。船の遭難事故で兄を亡くした妹は護身のため兄になりすまし、恋心を抱く公爵のもとで小姓として働いていた。そこへ兄が生還してくることで、恋の糸が絡まり始める……。橋本は伯爵家に仕える執事マルヴォーリオを演じる。女主人(中嶋朋子)への愛を暴走させる三枚目役だ。

「コメディ要素を担う役なので、ケアードには関西人の血を発揮して欲しいと言われました(笑)。ただ僕はそこを逆手に取ってやろうかなと。妄想だけで空回りするマルヴォーリオを周囲は笑うけど、本人は至って真剣なわけで。それはもう悲劇だろうと。喜劇の中で悲劇のヒーローを演じることで、何か面白いことが起こるんじゃないかなと思うんです」

ジャン・バルジャンを演じた『レ・ミゼラブル』では「さとしの中に絶対ジャン・バルジャンを見つけるから演出家としての僕を信じて」と、ケアードの言葉に背中を押された。そんな信頼できる演出家と初めて組むセリフ劇。ケアードはロイヤル・シェイクスピア・カンパニーの名誉演出家でもあり、「彼とシェイクスピアに挑めることは役者冥利に尽きる」と胸躍らせる。

「彼が凄いのは役者の動きだけで様々なシーンを喚起させるところ。『ベガーズ・オペラ』では積み上げた酒樽を馬車に見立てて、周囲の人間を後ろに動かすことで馬車を走らせて見せたり。『レ・ミゼラブル』では盆が回るだけで役の人生が見えてくるようだった。シンプルなのに上品でスペクタクルを感じさせる、まさにケアードマジックですね」

劇団☆新感線の出身。現在は舞台を中心に映像やドキュメント番組『プロフェッショナル 仕事の流儀』のナレーションなど幅広く活動する。4月26日(日)には主演ミュージカル『シャーロックホームズ2』が開幕するなど、2015年も活躍の年になりそうだ。

「役者は自分の生き様が出るような仕事なので常に自分を顧みながら、いつか語られるような役者になるのが目標です。シェイクスピアと聞くと構えがちですが、現代にも通じる惚れた腫れたのお話なので。共感できる要素がたくさんあると思う。客席から笑いが起こると役者もテンションが上がるので、大いに笑って一緒に楽しみましょう!」

公演は3月8日(日)から30日(月)まで東京・日生劇場、4月7日(火)大分・iichikoグランシアタ、4月10日(金)から12日(日)まで大阪・梅田芸術劇場 メインホールにて上演。チケットは発売中。

取材・文:石橋法子

いま人気の動画

     

人気記事ランキング