【中華街】ナゾの噂「最初の客がチャーハンを注文すると、その日は儲からない」って本当?

横浜中華街には、「最初の客がチャーハンを注文すると、その日は儲からない」というジンクスがあるとのこと。はたして本当なのか!? 横浜のマニアックな情報をお届けしている「はまれぽ」が調査しました!

<横浜のココがキニナル!>
横浜中華街には、「最初の客がチャーハンを注文すると、その日は儲からない」というジンクスがあるらしいです。中華街の料理人さんにそのジンクスは日ごろ当たるものなのか取材して!(だいさんのキニナル)

 ※本記事は2015年1月の「はまれぽ」記事を再掲載したものです。

 

みなさんは「自分ジンクス」があるでしょうか? ザキヤマ(筆者)は「出かける前、時間にゆとりがあると高確率で遅刻する」というジンクスがある。単に余裕ぶっこいて寝てしまったりするだけなのだが・・・が、人のジンクスを聞くのは面白いし、飲み会などでのネタにもなるのでおすすめ。

そんな飲み会を盛り上げてくれるジンクスが、横浜中華街にもあるという噂を聞き、中華街をうろうろしてまいりました。

 

ひたすら聞きこむ

今回は、より正確な売上を把握しているであろうフロアのスタッフ中心に話を聞くことにする。

中華街善隣門のとこ

まず、最初に入ったのは横浜大飯店。

 

1952(昭和27)年開業の同店は食べ放題のほかに単品でのメニューもある。

 

武田さん

こちらに勤めて約30年のベテランの武田さんにお話を伺う。武田さんは。さっそくジンクスのについてお聞きしてみると・・・「聞いたことありませんね」と苦笑。件のジンクスだけではなく、ほかのジンクスも聞いたことがないそう。


2軒目は大珍楼(だいちんろう)。

受付の永治さん

開業して約20年目という、食べ放題メインの同店。受付の永治さんはジンクスについては「聞いたことない」そう。件のジンクスが流れる理由って何だと思いますか、とお聞きすると「一番最初にチャーハンを頼むということは、前菜などの料理の注文も入りにくいですし、単価も安いので儲けが少ないってことなのでは」とのお答え。たしかに、チャーハンを食べたらそれだけで満足しちゃうもんな。


3軒目は慶華楼。

わー「黒チャーハン」だって
店長の董(とう)さん

店長の董(とう)さんにお話を伺う。
慶華楼は1968(昭和43)年開業のお店。ジンクスについてはやはり「知らない」「そんなの信じなくていいよー。小さい子どもが信じるようなことだよー」と笑っていらっしゃった。そのご様子からすると、全然思い当たることがなさそう。

はまれぽ編集部・山岸と「いやーみんな知りませんねー。ジンクス自体、実はないんじゃないのー??」とか言いながら朝の中華街を練り歩く。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング