荒牧伸志監督、『アップルシード』続編に意欲

2015.2.9 16:58配信
(左から)小松由佳、諏訪部順一、荒牧伸志監督、小笠原成彦

公開中の映画『アップルシード アルファ』の大ヒットを記念して2月7日に新宿バルト9で、荒牧伸志監督、小松由佳(デュナン役)、諏訪部順一(ブリアレオス役)、原作担当編集の小笠原成彦、ブリアレオスが登壇するトークイベントが開催された。

その他の写真

映画は非核大戦が終結し、廃墟となったニューヨークを舞台に、主人公の女性兵士デュナンとサイボーグのブリアレオスが、人類の理想郷として築かれた都市オリュンポスに至るまでの“始まりの物語”を描いたシリーズ最新作。

ちょうどこの2月で原作の発売から30周年を迎える『アップルシード アルファ』。原作の発売元である青心社の小笠原は、当時を振り返り「最初は社長が『ブラックマジック』を持ってきたのがきっかけなんですが、まず驚いたのが原稿の完成度の高さ。また発売日からしばらく、書店から注文の電話が鳴り続けてたのを覚えています。その作品が30年を迎えて、こうして映画にもなって、多くのファンが集まる。そのことは“原作の面白さ”を証明し続けているんだなと思います」と語った。

小松と諏訪部は、一読者として原作に触れた当時の印象について「同人誌の色が濃かったところが面白かったんですよね。あと、ファッションがオシャレ。メカと同じくらいに、ファッションにもこだわりを感じました」(小松)、「衝撃的でしたね。当時はまだ少年誌の漫画を主に楽しんでいたような時期だったので、ちょっと“難しい”と感じましたが、何度も繰り返し読むうちにそれが読みごたえに変わっていったんですよ」(諏訪部)とコメント。

トークショーでは荒牧監督が、士郎正宗氏とのやり取りについて明かす場面もあった。「士郎先生はすごく大胆でアグレッシブ。映画は新しい作品なので、どんどん変えてしまっていい、とおっしゃるんです。それこそ『ブリアレオスに顔があってもいいんじゃないか』とか(笑)。そうしたやり取りも含めて、とても刺激的でした。私自身も、もしチャンスがあれば続きが観てみたいなと思えたくらい、手応えを感じた作品。みなさんもぜひ、応援よろしくお願いします」とPRした。

『アップルシード アルファ』
公開中
Blu-ray劇場限定版発売中
Blu-ray完全生産限定版2月18日(水)発売
発売元:アニプレックス

いま人気の動画

     

人気記事ランキング