ミスチルの記録映画を観た観客の反応は?

2015.2.9 18:27配信
『Mr.Children REFLECTION』 (C)2014 ENJING INC.

「ぴあ」調査による2015年2月6日、7日のぴあ映画初日満足度ランキングは、Mr.Childrenのライブツアーの模様に迫るドキュメンタリー『Mr. Children REFLECTION』がトップに輝いた。2位にキーラ・ナイトレイ主演の音楽映画『はじまりのうた』が、3位に『トランスフォーマー』シリーズのマイケル・ベイが製作を手がけた『ミュータント・タートルズ』が入った。

その他の画像

1位の『Mr. Children REFLECTION』は、昨年9月に行われたファンクラブ限定ライブに迫った記録映画。出口調査では「感動した!映像がクリアで臨場感があって本当のライブ会場にいるみたいだった」「とにかく迫力がすごい!未発表曲を歌うので新鮮だったし、鈴木英哉さんがドラムをたたく表情など、細かいところまで観られて感激した」「涙が出るくらい感動した!貴重な場面を捉えた映像が多くて、初めて聴く曲や、肩を組んで歌うシーンが印象的だった」「本当にライブに来ているかのようで震えてしまった。曲をただ流すだけの映画でなくきちんと構成されていて、普遍的な歌詞の魅力を改めて実感した」など、10代から40代の男女を中心に熱い支持を集めた。

2位の『はじまりのうた』は、『once ダブリンの街角で』のジョン・カーニー監督による最新作。観客からは「ニューヨークのライブハウスやゲリラライブのシーンを観て、東京と似ていると感じた。観ていて楽しくなってくる映画でNYに行きたくなった」「洗練された音楽、キャラの立った登場人物、良い意味で期待を裏切るストーリー展開、どれをとっても素晴らしくて満足」「音楽によって人は救われる、そして人の救われ方はそれぞれであるというメッセージを感じた」「登場人物の心境を表したような歌がすごくよかった。キーラ・ナイトレイのラフな感じの演技は新鮮でステキだった」などの感想が寄せられた。

(本ランキングは、2月6日(金)、7日(土)に公開された新作映画7本を対象に、ぴあ編集部による映画館前での出口調査によるもの)

いま人気の動画

     

人気記事ランキング