ブリックス、振って音楽が演奏できるiPhoneアプリ「Cue」新バージョン

2015.2.9 19:35配信
画面イメージ

ブリックスは、振るだけで簡単に音楽が演奏できるiPhoneアプリ「Cue(キュー)」の新バージョン「1.0.3」の提供を開始した。価格は100円。

iPhoneを振るだけで音楽が演奏できる音楽アプリ。ただ振るだけで音がどんどん追加され、簡単に音楽をつくることができる。「1.0.3」は、曲の長さの変更や、1/2/4/8/16小節の選択に対応。新しい音色を追加したほか、音質が向上した。

スタートボタンを押し、4回振ってテンポを決めるとリズムのループが始まり、リズムに合わせてiPhoneを振ると、そのタイミングでループに音が追加されていく。ドラム、ベース、楽器1、楽器2の4種類の楽器に切替えができ、それぞれに音を追加していくことができる。各楽器の音色を切り替えながら演奏することもできる。

適当に振っても音が重なって曲らしくなるので、楽器を演奏したことがなくても、子どもから大人まで誰でも楽しめる。音程は振るときの画面の向きと方向で決まっているので、思った通りのメロディを演奏することもできる。

共有機能で自分の演奏を簡単に友だちのiPhoneで鳴らせば、同じタイミングで音が鳴り始めるので、いっしょに演奏を楽しむことができる。10人でも、100人でも何人でも共有でき、人数が増えるほど盛り上がる。リズムに合わせてLEDフラッシュを点滅させることもできる。対応OSはiOS 7.0以降。対応言語は、英語、日本語、中国語、韓国語。

・「Cue」をダウンロード

いま人気の動画

     

人気記事ランキング