『ウィズ』会見でドロシー役の梅田、田野が決意語る

2015.2.10 20:55配信
ミュージカル『ウィズ~オズの魔法使い~』記者会見の模様 ミュージカル『ウィズ~オズの魔法使い~』記者会見の模様

3月7(土)から22日(日)まで、東京・東京国際フォーラム ホールCで上演されるミュージカル『ウィズ~オズの魔法使い~』の公開稽古と記者会見が2月9日に都内で行なわれ、翻訳・演出の宮本亜門、主役の梅田彩佳(NMB48)と田野優花(AKB48)らが出席した。

【チケット情報はこちら】

同作は2012年に初演。その時と同様、主人公ドロシー役はAKB48グループ・メンバーより、志望者108名の中から公開オーディションにて選考。見事主役の座を射止めた梅田彩佳(NMB48)と田野優花(AKB48)が、Wキャストでドロシーを演じる事で話題を集めている。

同作について宮本は「この作品は東日本大震災があって、若い人が未来を信じにくいなと思っていたのがスタートのきっかけ。元々この「ウィズ」という作品は「オズの魔法使い」から、ブロードウェイを目指して黒人たちが“自分たちが時代を変えるんだ!”という想いで作ったもの。初演の時はその想いに負けないだけの作品にしようと思っていました。そこから時間が経過しても、日本にはまだまだ元気のない人が多いですが、この作品でお客さんと最高の時間を過ごせたら」と語った。また、ダブルキャストについては「最初は絶対ひとりに決めようと思っていたんですが(笑)。どうしてもふたりとも見せたくて」と説明。

ドロシー役の梅田は「前回の公演を観に行った時、ドロシー役の(増田)有華が凄くキラキラしていて楽しそうで、後から本人に聞いても“楽しかった!”って言っていたので、絶対にこの役をやってみたいと思っていた。稽古も凄く楽しいし、その楽しい気分を舞台上で活かせたら」とコメント。また、同じくドロシー役の田野は「ドロシーは自分と似ている所があると思っているので、あえて役作りとかをせずに、稽古に臨んでいます」と話した。

ドロシー役ふたりの印象について記者から聞かれると、宮本は「梅田さんは1回目のオーディションの時、主役に選んだ増田さんの次点だった。でも今回は歌を大分勉強したのが伝わってきて、この人のドロシーが見たい!って思ったんです。あと、田野さんはダンスがとにかく凄かったのと、1次、2次とどんどん成長していった柔軟性を買いました。ただ、オーディションの途中で、前回のオーディションの時、“疲れてるなら、やる気ない人は帰っても良いよ”って言ったら、一番最初に帰った子だって後で思い出して(笑)。もう稽古がスタートしたんで、今回は帰らないでね(笑)」と田野に語りかけ、会見場は笑いにつつまれた。

ミュージカル『ウィズ~オズの魔法使い~』は3月7日(土)から22日(日)まで東京国際フォーラム ホールCで上演。その後、大阪、愛知、福岡を周る。チケットは発売中。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング