いまドイツ音楽を聴くならこのコンビ!

2015.2.10 22:40配信
マレク・ヤノフスキ (c)Felix Broede マレク・ヤノフスキ (c)Felix Broede

「ドイツ音楽の真髄を体現するコンビ」と名高いのが、ベルリン放送交響楽団と、2002年以来その芸術監督兼首席指揮者を務めるマレク・ヤノフスキ。その両者が3月に来日、全国6都市8公演を巡るツアーを行なう。

「マレク・ヤノフスキ指揮 ベルリン放送交響楽団」日本公演の情報

ベルリン放送交響楽団は1923年創立、東西ドイツ時代には東側に属していたオーケストラだ(現在「ベルリン・ドイツ交響楽団」と改称している楽団が、西ベルリンの放送オーケストラだった)。ヨーロッパの放送局傘下のオーケストラは、放送用の現代曲を次々に演奏するため、さまざまなスタイルの音楽に対応する高い演奏技術を持っている場合が多い。ベルリン放送響も、もともと優れたオーケストラだったのが、ヤノフスキが現在のポストに就任してから、その実力にさらに磨きがかかった。めきめきと評価を高め、多くの楽団が高いレベルでしのぎを削るベルリンのオーケストラ界でのポジションを上げている。

ヤノフスキは1939年生まれのポーランド系ドイツ人。「東京・春・音楽祭」で進行中の、彼が指揮するワーグナー《ニーベルングの指環》チクルスに注目しているオペラ・ファンも多いだろう。ドイツ各地の歌劇場でアシスタントとして研鑽を積むという、典型的なドイツのオペラ指揮者らしいキャリアを重ね、34歳でフライブルク歌劇場の音楽監督として開花。1970年代後半からは、世界の主要歌劇場で彼が招かれていない劇場がないと言えるほど旺盛に活躍していた。ところが45歳でフランス放送フィルハーモニーの音楽監督に就任した頃からオペラ指揮の活動を縮小し、今度はシンフォニー指揮者としての名声を高めてきた。

過度な感情移入を排した、緻密で正確な解釈で高い評価を得ているヤノフスキ。といっても面白味のない音楽作りとは正反対で、理詰めで読み込んだ楽譜を丁寧に解きほぐし、作品本来の構造をくっきりと浮かび上がらせて感動を形作る、確かな手腕を持っている人だ。その手腕が、堅牢な楽曲構造そのものが魅力のドイツ音楽で本領を発揮するのは言うまでもない。だから、ドイツ音楽の王道プログラムを携えてやってくる彼らの来日公演は大注目。古典的な渋い輝きをたたえたブラームスの交響曲、そして「ドイツ音楽ここに極まれり」というようなブルックナーの交響曲第8番。「正統」という言葉の意味を噛み締めながら楽しみたい。

文・宮本明

◆マレク・ヤノフスキ指揮 ベルリン放送交響楽団
2015/3/15(日) ハーモニーホールふくい 大ホール
2015/3/16(月)・18(水) サントリーホール 大ホール
2015/3/20(金) グランシップ
2015/3/21(土・祝) 兵庫県立芸術文化センター KOBELCO 大ホール
2015/3/22(日) 周南市文化会館
2015/3/23(月)・24(火) 武蔵野市民文化会館

いま人気の動画

     

人気記事ランキング