『スパイダーマン』主演俳優の若返りが決定

2015.2.12 12:10配信

アンドリュー・ガーフィールドが、次の『スパイダーマン』には主演しないことがわかった。製作側が次回作では、高校生であるピーター・パーカーを描くことに決めたためだ。すでに『フューリー』のローガン・ラーマン、『ザ・メイズ・ランナー(原題)』のディラン・オブライエンらの名前が噂に上がっているが、まだどの俳優にもアプローチはされていない。監督も『アメイジング・スパイダーマン』2作のマーク・ウェブではなく、新しい候補を探している。

その他の情報

ソニー・ピクチャーズは昨日、次の『スパイダーマン』をマーベルと共同製作することを発表したばかり。マーベルの手中に戻ることで、『スパイダーマン』がほかのマーベル作品に登場することも可能になった。ソニーの会長を退職し、5月以降はソニー内でプロデュースを手がけることが決まったばかりのエイミー・パスカルと、マーベル・スタジオの製作社長ケビン・ファイギがプロデュースにたずさわる。北米公開日は、2017年7月。

文:猿渡由紀

いま人気の動画

     

人気記事ランキング