市村正親ら、16年ぶり再演『ART』へ意気込む

2015.2.12 18:50配信
舞台『ART』製作発表の模様 左から益岡徹、市村正親、平田満 舞台『ART』製作発表の模様 左から益岡徹、市村正親、平田満

4月28日(火)より東京・サンシャイン劇場で上演される舞台『ART』の製作発表が行なわれ、出演する市村正親、平田満、益岡徹の3人が出席した。

チケット情報はこちら

同作は1994年にフランス・パリで初演されたヤスミナ・レザ作のコメディ。フランスでモリエール賞を受賞したのち、35を超える国で翻訳され上演。イギリスのオリヴィエ賞最優秀コメディ賞、アメリカのトニー賞最優秀作品賞など、名だたる賞を獲得している傑作だ。日本では1999年に今回と同じ市村、平田、益岡の3人で上演され、今回16年ぶりの再演となる。演出も前回と同じく、パトリス・ケルプが務める。仲の良い中年男性が、高価な絵画をめぐって大喧嘩をするというストーリー。

市村は「本当に面白い台本。この作品があったからこの3人が出会えたので、僕にとっては大好きな作品であると同時に、ふたりと会える貴重な機会です。台本を読み返してみると、当時の益岡さん、平田さんの言い方とかをはっきり覚えている。また演出にもフランスからパトリスが来るので、16年前とはまた違う、面白いものが見せれればと思う」とコメント。

平田は「16年ぶりに同じキャストでできてとても嬉しく思っている。お芝居と言うのはその時その時のものだけど、映画やドラマでは16年ぶりに同じキャストで同じ内容のものをまたやるというのはありえないこと。そういった演劇の面白さ、楽しさを味わってもらえるのではと思っている。進歩した所や後退した所もあるかもしれませんが(笑)、初演を見た方にも楽しんでもらえると思います。僕たちもどんな『ART』になるか楽しみ」と語った。

益岡は「16年前に、市村さんと平田さんが「年をとってからまたやりたいね」とおっしゃっていたのを思い出します。内容は、「事なかれ」とは全く正反対のやりとりが繰り広げられる。16年前と比べて年齢を重ねたことで、前よりもっと責任感があるので、相手を容赦なく追い詰めると言うのも、前回の時よりもっと容赦ない感じになると思うので、そこを観客の皆さんにどう受け取ってもらえるか楽しみ。またこの3人でかけがえのない時間を作っていけると確信している」と意気込んだ。

また、昨年7月に初期の胃がんを公表、手術を受け復帰した市村は「今朝ちょうど月1回の採血に行って、この間は半年振りにCTもやって、どちらも異常なし。胃が半分になったおかげで数値も下がって、胃が完全にあった以前より体が健康的です。腹もへこんで着られなかった洋服が着られるようになって、経済的にも助かっちゃう(笑)。1本1本芝居をやって、今この時をしっかり生きて愛していきたいと思います」と自身の健康面について話した。

舞台『ART』は4月28日(火) から5月10日(日)まで、東京・サンシャイン劇場で上演。その後、京都、愛知を周る。なお、チケットぴあでは、東京公演の先行抽選プレリザーブを実施中。受付は2月17日(火)午前11時まで。京都公演の先行抽選プレリザーブは2月13日(金)午前11時より受付開始が決定。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング