米アクションテック、モバイル端末画面をテレビに映す無線アダプタ

2015.2.12 19:41配信
ScreenBeamMini2

米アクションテック・エレクトロニクスは、MiracastやIntel WiDiに対応したワイヤレスディスプレイアダプタ「ScreenBeamMini2」を、2月25日にソフトバンク コマース&サービスを通じて、コジマ、ソフマップ、ビックカメラ、ヨドバシカメラで発売する。価格はオープンで、税別の実勢価格は8780円前後の見込み。

テレビのHDMI端子に接続するだけで、モバイル機器の画面をワイヤレスでフルHD(1080p)表示できるワイヤレスディスプレイレシーバー。本体とモバイル機器とは、一対一でつながるアドホック接続なので、無線LANルータなど、無線LANネットワークがなくても使用できる。

IEEE802.11a/b/g/n準拠の無線LANに対応。2.4GHz帯と5GHz帯のデュアルバンド対応なので、ノイズに強く、安定した高速通信を提供する。

言語設定、画面サイズ設定、壁紙変更、ファームウェアアップデートを簡単に実行できるユーティリティソフトを用意。HDCP2.1以降に対応した著作権保護コンテンツも再生できる。電源はUSBバスパワー。

対応OSは、Windows 8.1/8/7、Android 4.2以降。サイズは幅29.5×高さ39.5×奥行き98.0mmで、重さは39.5g。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング