月刊漫画雑誌『月刊コミックジーン』(毎月15日発売)にて連載中の『ぼくのとなりに暗黒破壊神がいます。』(著:亜樹新)のTVアニメ化が決定!

亜樹新先生によるお祝いのイラストカットも到着!

超中二病と超ツッコミ厨がおくる男子高校生コメディ

『ぼくのとなりに暗黒破壊神がいます。』(略称:ぼくはか)は亜樹新による学園コメディ作品です。

超ツッコミ気質の主人公:小雪芹(こゆきせり)は、ある日、全てがツッコミ待ち要素でできている最強中二病高校生・花鳥兜(はなどりかぶと)に目をつけられてしまいます。

突っ込みどころ満載の花鳥にツッコんだら負けだとわかっているのに、つい振り回されてしまう小雪。

そんな2人を中心に、変わった面々も次々と登場し、賑やかすぎる高校生活が描かれています。

『月刊コミックジーン』で連載中の本作は、現在コミックスが9巻まで刊行、累計48万部を突破するなど、多くの支持を集めている人気作品です。

そんな『ぼくはか』ですが、このたびついにTVアニメ化が決定!

こちらの情報は、2018年9月15日発売の『月刊コミックジーン10月号』の表紙でも告知されています。