ウィーン少年合唱団 来日ツアーの“今年の歌”は坂本九の名曲たち

2012.2.8 13:39配信
ウィーン少年合唱団 (c)www.lukasbeck ウィーン少年合唱団 (c)www.lukasbeck

ウィーン少年合唱団の来日ツアーの“今年の歌”が、坂本九の「上を向いて歩こう」「見上げてごらん夜の星を」「心の瞳」に決定した。

「ウィーン少年合唱団 2012年 来日ツアー」の公演情報

1955年の初来日以来、日本でも熱烈なファンを集めているウィーン少年合唱団。近年の来日ツアーで毎回話題となるのが、一般公募のリクエストにより演奏プログラムを決定する“今年の歌”だ。2008年は「千の風になって」「ふるさと」、2009年は「手紙~拝啓 十五の君へ」、2010年は「ウィ・アー・ザ・ワールド」「世界に一つだけの花」が取り上れらげ、好評を博してきた。

2012年の“今年の歌”に選ばれた坂本九の3曲は、東日本大震災以降、希望や癒しを与える音楽として、メディアでも多く取り上げられるなど、人気が再燃。今回、ウィーン少年合唱団が、“天使の歌声”といわれる美しく清らかなハーモニーで綴る坂本九の名曲たちは、私たちの心に多くの感動を与えてくれるに違いない。

「ウィーン少年合唱団 2012年 来日ツアー」は、4月下旬から7月上旬まで全国で開催。チケットは発売中。


※公演日によって“今年の歌”の演奏曲目は異なります。詳細は、公式サイトなどでご確認ください。
・上を向いて歩こう(Aプログラム)
・見上げてごらん夜の星を(Aプログラム)
・心の瞳(Bプロ)

いま人気の動画

     

人気記事ランキング