K-1「最速」-55kgトーナメント出場選手決定

2015.2.13 10:25配信
左から、出貝泰佑、武尊、瀧谷渉太、寺戸伸近、大雅 左から、出貝泰佑、武尊、瀧谷渉太、寺戸伸近、大雅

4月19日(日)国立代々木競技場第二体育館大会で行われる「K-1 WORLD GP 2015~-55kg初代王座決定トーナメント~」の出場選手、およびトーナメント組合せが決定した。2月12日都内にて記者会見が行われた。

「K-1 WORLD GP 2015~-55kg初代王座決定トーナメント~」チケット情報

トーナメント、リザーブファイト出場選手と組み合わせは以下の通り。

第1試合 武尊(日本/チームドラゴン) vs. アレクサンダー・プリリップ(ロシア)
第2試合 瀧谷渉太(日本/KSS健生館) vs. ダニエル・ウィリアムス(オーストラリア)
第3試合 寺戸伸近(日本/Booch Beat) vs. チャールズ・ボンジョバーニ(フランス)
第4試合 大雅(日本/TRY HARD GYM) vs. ソフィアン・エラージ(オランダ)
リザーブファイト 出貝泰佑(日本/TEAM GYAKUSAN) vs. ルイ・ボテーリョ(ポルトガル)

準決勝は一回戦勝者の組み合わせで、第1試合の勝者と第2試合の勝者が対戦、第3試合と第4試合の勝者が対戦し、1日で決勝まで行われる。日本人選手それぞれが、意気込みを語った。

武尊(日本/チームドラゴン/初代Krush-58kg級王者)
「K-1はスターが集まる場所。ライバルは全階級なので、一番輝いてK-1を引っ張っていく。スピードとパワーに注目して欲しい」

瀧谷渉太(日本/KSS健生館/初代・第2代Krush -55kg級王者)
「新空手代表として、ドラゴンボールファンから元気をもらって「元気玉」をぶち込みたい。体格の不利を言い訳せず、自分が強くなって当日は頂点に立つ。生まれるドラマに期待して欲しい」

寺戸伸近(日本/Booch Beat/ISKA世界バンタム級王者)
「K-1の-55kgは『やっときたか』という感じ。たくさんの人たちに見てもらえるので、最速でド派手なKOを見せたい。しっかり倒すところを見て欲しい」

大雅(日本/TRY HARD GYM/第3代krush-55級王者)
「全員倒してチャンピオンになる。いつもどおりやって盛り上げる」

また、ワンマッチでの初代K-1 WORLD GP-65Kg級王者のゲーオ・フェアテックスの参戦も発表された。

チケットは発売中。サークルK・サンクスでは「K-1 WORLD GP特製ハンドタオル」付きチケットを限定発売中。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング