【演劇】妻夫木×深津×林檎×野田! 『エッグ』が描く、オリンピック・音楽…“大衆の熱狂”の裏側

2015.2.14 12:00

作・演出を野田秀樹、音楽を椎名林檎が手がけ、妻夫木聡、深津絵里、仲村トオルらが出演と、豪華なラインナップが実現した舞台『エッグ』が現在上演中。架空のスポーツ「エッグ」を軸に、やがて現代社会にも通じる大きなテーマへと進む、衝撃の内容をレポート。

撮影:小林裕和 深津絵里、妻夫木聡

2012年の上演が各所に波紋を広げたNODA・MAP『エッグ』の再演が、現在、東京芸術劇場プレイハウスで行われている。

妻夫木聡、深津絵里、仲村トオル、藤井隆、橋爪功ら、初演を務めた全キャストが集結しての上演で、音楽監督は初演同様、椎名林檎が担当。東京公演終了後は、大阪、北九州公演に加え、パリ国立シャイヨー劇場で日本の劇団としては33年ぶりに公演を行うことが決定済みだ。
 

架空のスポーツ「エッグ」を巡る、人と歴史の物語

妻夫木聡

物語は、架空のスポーツ“エッグ”を巡る人々の関係性を軸に展開される。エッグのベテラン選手である粒来幸吉(仲村トオル)や、その粒来に代わってスター選手となる阿倍比羅夫(妻夫木聡)、チームを統括するオーナー(秋山菜津子)、チームの監督(橋爪功)らが、紆余曲折を経ながらオリンピックを目指す様が描かれてゆく。

やがて阿倍と結ばれる国民的シンガー・ソングライター、苺イチエ(深津絵里)が、椎名林檎による書き下ろし曲を歌うシーンも大きな見せ場だろう。

 

 

だが、時空間のトリッキーな操作に長けた野田のこと、単なる狭小な人間ドラマを描くはずがない。そもそも、この劇自体が寺山修司の未発表戯曲を手に入れた芸術監督(野田秀樹)の想像や妄想という形を取っており、舞台は入れ子状の構造になっている。

時代設定も複層的で、現代から1964年の東京オリンピック、さらには1940年の幻の東京オリンピックにまで、歴史を遡りながら物語は綴られてゆく。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング