カシオ、フルメタル電波ソーラーウオッチ「OCEANUS」で初めて方位計を搭載した「CACHALOT OCW-P1000」

2015.2.13 11:56配信
左から、「OCW-P1000-1AJF」「OCW-P1000-7AJF」「OCW-P1000B-1AJF」

カシオ計算機は、「Elegance, Technology」をコンセプトに、上質感と高機能を追求するフルメタル電波ソーラーウオッチ「OCEANUS(オシアナス)」ブランドのスポーティライン「OCEANUS CACHALOT(オシアナス カシャロ)」から、「OCEANUS」で初めて方位計測機能を搭載した「OCW-P1000」を2月28日に発売する。

爽やかなブルーをあしらったマリンテイストのデザインに、ヨットやクルーザーの操縦時に役立つ方位計測機能を搭載。2時位置のボタンを押すだけで、秒針が北を指す。さらに、同じく2時位置のボタンを回すだけで、方位を示す内転リングが回転し、進行方向の方位の記録・確認ができる。

30°ごとに角度をつけた内転リングは、薄膜の着色手法「スパッタリング」によって透明感のある青色が輝き、スポーティなデザインのなかに「OCEANUS」らしいエレガンスを演出する。チタンケース、チタンバンドには、高い平滑度のザラツ研磨、風防には無反射コーティングを施したサファイアガラスを採用した。

サイズは、49.1×45.8×12.5mmで、重さは97g。ラインナップは、ケースとバンドに傷がつきにくいTIC(チタンカーバイト)処理を施したブラック文字板の「OCW-P1000-1AJF」とシルバー文字板の「OCW-P1000-7AJF」、耐磨耗性の高いDLC処理を用いたブラックカラーの「OCW-P1000B-1AJF」。税別価格は、「OCW-P1000-1AJF」と「OCW-P1000-7AJF」が11万5000円、「OCW-P1000 B-1AJF」が14万5000円。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング