日本エイサー、Chromebookのホワイトモデル「Chromebook CB3-111」

2015.2.13 13:59配信
Acer Chromebook CB3-111

日本エイサーは、Chrome OS搭載ノートPCの第二弾として、通信・起動速度を高速化するとともに、デザイン性を高めた「Acer Chromebook CB3-111」を、2月25日に発売する。価格はオープンで、税別の実勢価格は3万5000円前後の見込み。

CPUにインテルCeleron N2840を採用し、11.6インチワイド非光沢液晶ディスプレイ(解像度1366×768)、4GBのメモリ、ストレージに16GBのeMMCを搭載する。インターフェースは、USB3.0×1、USB2.0×1、HDMI出力(HDCP対応)×1、SDカードリーダーなどを備える。対応無線通信は、IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LANとBluetooth 4.0。OSはChrome OS。

ファームウェアをシンプルにすることで、7秒以下という高速起動を実現。IEEE802.11acへの対応やUSB3.0ポートの搭載によって、データ通信やデータ伝送を高速化した。

Chrome OSは、起動ごとにシステム異常の有無をセルフチェックし、ウイルスに感染した場合でも被害が拡散しない設計。全自動確認機能を備え、セキュリティ対応ソフトの購入・買替え・インストールが不要で、データ漏えいを防ぐセキュリティチップTPM1.2にも対応している。

本体はスリムなファンレス設計で、シンプルで飽きのこないデザイン。サイズは約幅299.0×高さ18.7×奥行き202.0mmで、重さは約1.1kg。バッテリ駆動時間は約8.5時間。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング