佐々木蔵之介が初のひとり舞台に挑戦!

2015.2.13 18:55配信
佐々木蔵之介 佐々木蔵之介

7月12日(日)より東京・パルコ劇場で上演される舞台『マクベス』の製作発表が2月12日に都内で行われ、主演の佐々木蔵之介、演出のアンドリュー・ゴールドバーグが出席した。

同作はシェイクスピアの四大悲劇のひとつ『マクベス』を大胆にアレンジ。スコットランドの精神病院を舞台に、ひとりの隔離された患者がマクベスのセリフを語りだすという物語。演出家、ジョン・ティファニーとアンドリュー・ゴールドバーグ、映画『チョコレートドーナツ』でも知られる俳優アラン・カミングが共同で制作。アラン主演で2012年にスコットランドで初演され好評を博したあと、2013年にアメリカ・ブロードウェイで上演。日本公演は、アンドリュー・ゴールドバーグを演出に招き、アランの役を佐々木蔵之介が務める。

ひとり芝居は今回が初めて、しかも20役以上をひとりで演じる佐々木は「これまでひとり舞台のオファーは何度かあったんですが、絶対にやらないって言っていたんです。何度もマネージャーに「僕、やるって言ったかな?」って確認しました(笑)。ただこの『マクベス』の制作者のひとりであるジョン・ティファニーが演出した舞台『ONCE』が僕は大好きで、その方が関わっている作品に出られる機会はなかなか無いから、良いなあと思った記憶はあるんですが、やっぱりやると言った記憶はないんです(笑)。周りに魔女がいたとしか思えないですね(笑)。もちろんやる気はあるんですが、いつでも逃げる準備はできています(笑)」と笑いを交えてコメント。

内容に関しては「今回の作品は、皆さんも凄く難しいんじゃないかって感じていると思うんですが、この設定は逆に受け取っていただきやすいと思っている。海外でもマクベスというのは特に難解だと言われているみたいですが、ニューヨークで上演した際は若い人が大勢観に来たと聞いています。アンドリューは、色々な国で多くの人がマクベスをやっているが、その中でも特に革新的なものになっていると言っていたので、演劇を好きな方はもちろん、普段演劇に親しみがない人でも楽しめる作品だと思うし、その日本公演に関わらせていただけるのは光栄です」と話した。

すでに佐々木とアンドリューはワークショップをスタートさせており、アンドリューが「素晴らしい演技と言うのは文化を超えても伝わるんだと思いました。蔵之介さんは僕にとっては外国語である日本語で読んでくれているんですが、こちらが驚くほどテキストを分析してくれている」と褒めると、佐々木は「これまで海外の方の演出を何回か受けていますが、皆さんべた褒めしてくれる。「エクセレント!バット・・・」ってそこからダメ出しがスタートするんですが(笑)、まずは褒めてくださる。それは凄く気持ちが良いです(笑)」と語った。

舞台『マクベス』は7月12日(日)から8月2日(日)まで東京・パルコ劇場で上演。その後、愛知、大阪、神奈川、福岡で上演される。東京公演のチケットは4月25日(土)より一般発売開始。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング