ザ・ヴィランズ・ワールド ©Disney 撮影 / YOSHI

東京ディズニーシーでは、2018年9月11日から10月31日まで、スペシャルイベント「ディズニー・ハロウィーン」を開催しています。

今回は混雑するパーク内でも、持ち運びができて、安く・手軽にお腹いっぱいになれるメニューのレストランをご紹介します。

アメリカンウォーターフロント「ニューヨーク・デリ」

ニューヨーク・デリ「スペシャルセット」 ©Disney

エントランスからハーバーの左側を通って歩いていくと、左手に見えてくるのが「ニューヨーク・デリ」です。

看板には、ニューヨークの象徴である自由の女神像が描かれていますので、すぐに分かると思います。

「ニューヨーク・デリ」は、様々な種類のサンドウィッチを提供しているレストランです。

その中でも、「ディズニー・ハロウィーン」限定で販売されているのが、生ハムとアップルのサンドのスペシャルセット(1,150円)です。

鮮やかな赤色をしたバンズは、まるでリンゴそのものですよね。

見た目だけではなく、味も生ハムとリンゴの甘みが、見事にマッチしていますよ。

マーメイドラグーン「セバスチャンのカリプソキッチン」

セバスチャンのカリプソキッチン「スペシャルセット」

マーメイドラグーンの長い坂を下りていくと、トリトンズ・キングダムの奥にあるのが、「セバスチャンのカリプソキッチン」です。

ここは、ピザやホットサンドを提供している、カウンターサービスのレストランです。

様々なメニューの中でも、「ディズニー・ハロウィーン」限定なのが、タコ入りラタトゥイユソースのホタテクリームコロッケサンドのスペシャルセット(990円)です。

分厚いホタテクリームコロッケの下には、タコ入りラタトゥイユソースが敷かれています。

タコといえば、映画『リトル・マーメイド』に登場する悪役、アースラですよね。

食べるときには、ついついアースラの姿が思い浮かぶかもしれません。

混んでいるときこそ、食事はしっかり!

ハロウィーンの時期は、クリスマスと同様、多くのゲストで混雑します。

食べ歩きメニューで、簡単に済ませる方も多いかもしれませんが、しっかりご飯を食べておかないと、体調を崩す可能性も…。

今回ご紹介したレストランは、リーズナブルで、手軽にお腹いっぱいになれる、コスト・パフォーマンスが良い場所です。

ぜひ、ハロウィーン一色に染まるパークで、素敵な時間を過ごしてくださいね。

※商品およびメニューは品切れや金額、内容等が変更になる場合があります

東京ディズニーリゾートや海外のディズニーパークをはじめとして、ディズニーに関する様々な情報を皆さんへお伝えします。はてなブログ『舞浜新聞』(maihama.hateblo.jp/)では、様々な切り口で記事を書いています。よろしくお願いします。

「ディズニー特集 -ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます