恋愛・結婚の相手探しに、手軽に利用できるようになったマッチングアプリ。多くの人が登録しているだけに、プロフィールでの見極めが肝心です。

中には、プロフィールを見ただけで、問題あり!と思える男性も。

今回は、結婚したら苦労する!? マッチングアプリのプロフィールでわかる、選んではいけない男性の特徴をご紹介します。

「こんにちは」を「こんにちわ」と書く

意外といるのが「こんにちは」を「こんにちわ」と書く男性。言うまでもなく、これは間違いです。

こうした基本的な間違いを知らないまま通している男性は、基本的なビジネススキルも疑わしいです。結婚するなら、仕事のできる男性を選びたいですよね。残念ながら、この時点で期待は低いと思ったほうがいいでしょう。

プロフィール文章が短すぎる

「よろしくお願いいたします!」などのひと言プロフィールで終わらせている男性。

これは2つの可能性があります。

ひとつは、とりあえず登録し、後でゆっくりプロフィールを書こうと思っている新規の男性。この場合は、少し待ってみるとプロフィールが加筆される可能性があるので、写真で気にいった人がいればお気に入り登録などをして様子をみてもいいでしょう。

もうひとつは、面倒くさがりで「誰かの目にとまればいいや」程度に思っている本気度の低い男性。こうした男性は、会うまでのプロセスもスムーズにいかないことが多いので、選ばないほうが無難です。

自分語りが長い

仕事の経歴・趣味・性格・登録した理由など、読むのに時間がかかるほど、プロフィール欄に延々と綴る男性。

こうした人は、マッチング後のメッセージも長文になりがちです。

多くの人とやりとりするマッチングアプリは、メッセージのやりとりも適度な軽さが必要です。長文すぎるメッセージに、返信が面倒になり、やがて立ち消えに・・・となってしまう可能性があります。

プロフィール写真が、動物・食べ物・車など

犬・料理・車など、人間ではないものをプロフィール写真にしている男性。

顔写真のある男性に比べ、選ばれる可能性は低くなりますが、自分が女性からどう見えているのかを理解していません。

犬=女性の気を引きたい、車=自慢したい、など、別の意図が見え隠れすることも。

中には「仕事の関係上、顔写真を載せることができません。マッチング後にメッセージでお送りします。」というように、顔を出さない理由をきちんと記している男性もおり、こういう人は、ある程度信頼してもよいでしょう。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます