東芝、世界初、スマホをかざせば中身が見える、NFC搭載SDHCカード

2015.2.16 17:13配信
SD-NFC32GA

東芝は、世界で初めてNFC(近距離無線通信)機能を搭載したSDHCメモリカード「SD-NFC08GA」「SD-NFC16GA」「SD-NFC32GA」を2月21日に発売する。

1月6日に商品化を発表したNFC搭載SDHCメモリカード。価格はオープンで、税込み実勢価格は、容量8GBの「SD-NFC08GA」が2000円台半ば前後、16GBの「SD-NFC16GA」が3000円台半ば前後、32GBの「SD-NFC32GA」が6000円台後半~7000円程度の見込み。

UHSスピードクラスはUHS Speed Class 1、SDスピードクラスはClass10。PCやデジタルカメラのカードスロットに入れなくても、専用アプリ「Memory Card Preview」をインストールした対応スマートフォンをかざすだけで、SDHCカードの中身が見える「プレビュー」を実現。SDHCカードの空き容量や、保存した写真を最大16枚までサムネイルで確認することができる。

スマートフォンの対応OSは、Android 4.0~4.4。無料の専用アプリ「Memory Card Preview」は、Google Playからダウンロードできる。なお、NFC搭載SDHCメモリカードは、2月15日まで開催するカメラと写真映像の総合展示会「CP+2015」の東芝ブースで展示する。

・「Memory Card Preview」をダウンロード

いま人気の動画

     

人気記事ランキング