リリース延期が続く「ラブプラス EVERY」だが、TGSでは一足早くゲームを体験できる

1年前に開催された「東京ゲームショウ 2017(TGS)」で、絶大な人気を集めた恋愛シミュレーションゲーム「ラブプラス」のスマホ版「ラブプラス EVERY」。当時は、「今冬リリース」と発表していたが、それが「2018年8月」に延期され、現在では「時期未定」になっている。事前登録を済ませて心待ちにしていた記者は非常にがっかりしていたのだが、うれしいことに今年のTGSにも「ラブプラス EVERY」の体験コーナーが!

「ラブプラス EVERY」を体験できるのは、ド派手なKONAMIブースの一角。狭い通路を抜けた先にあるので、混雑していると分かりにくいかもしれない。昨年は、かなり大規模なセットを用意していたが、今年は質素。リリース延期が決まって、慌てて準備したのかもしれない。行列も、昨年はビジネスデーで100分近くの待ち時間があったが、今年は記者が訪問した昼の時間帯で60分程度。とはいえ、他のブースと比較すると、かなりの人気ぶりといえるだろう。

体験ブースは、10か所の試遊台があって3人のヒロインから1人を選択してゲームをプレーすることができる。行列に並んでいる途中でプレーしたいヒロインを係員に申告するのだが、人気のヒロインだと順番が前後する場合もあるようだ。記者は、もちろん一番人気(と思われる)小早川凛子でお願いしたので、かなり待たされた。目印に渡されるヒロインのうちわは、ゲームのプレー後に体験特典としてもらうことができた。

体験では、ヒロインとの1回分のデートが楽しめる。コミュニケーションを重ねることで親密度を上げていくシステムは、これまでのシリーズと変わらない。ただ、スマートフォンに最適化されていることもあって非常に高精細でぬるぬる動くキャラクターが魅力的だ。

なお、22日・23日の一般公開日にはビジネスデーの体験特典となっていたうちわと同じイラストが描かれたオリジナルバッグをプレゼントする予定だとか。整理券制で数に限りがあるので、来場したら優先的に受け取りに行くべきといえそうだ。(BCN・大蔵 大輔)

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます