ドコモ、225Mbpsの高速通信モバイル無線ルータ、LTE-Advanced対応で

2015.2.17 17:7配信
Wi-Fi STATION HW-02G

NTTドコモは、モバイル無線ルータの新製品として、LTE-Advancedに対応し、225Mbpsの高速通信ができる「Wi-Fi STATION HW-02G」を、2月18日に発売する。

3月に提供を開始するLTE-Advancedに対応したコンパクトなHuawei Technologies製のモバイル無線ルータ。キャリアアグリゲーション(CA)対応で、225Mbpsの高速通信を実現している。またクアッドバンドLTEに対応し、広いエリアで安定した通信が利用できる。

無線LANはIEEE802.11a/b/g/n/acに対応し、数多くの機器で使用できる2.4GHz帯と、電波干渉の少ない5GHz帯の両方に対応する。付属のクレードルは1000BASE-T/100BASE-TX準拠の有線LANポートを備え、本体をクレードルに接続することで自動的に高出力無線LAN送信への切り替えを行い、広範囲で無線LANが利用できる。同時接続台数は、単体での使用時が10台まで、クレードル使用時が20台まで。

バッテリ容量は2400mAh。連続通信時間は、3G使用時が約8時間、LTE使用時が約9時間、LTE-Advanced使用時が約8時間。サイズは幅95.0×高さ58.0×奥行き14.3mmで、重さは約110g。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング