佐藤二朗(左)と宮沢りえ

 映画『ルイスと不思議の時計』吹き替え版完成会見が24日、東京都内で行われ、吹き替え声優を務めた佐藤二朗、宮沢りえ、松本梨香ほかが登場した。

 本作は、両親を亡くした少年ルイスが、伯父でポンコツの魔法使いジョナサンと、隣に住む一流魔女のツィマーマンと共に、世界を破滅へと導く“時計”を探し出す物語。

 ジャック・ブラックが演じたジョナサンの吹き替えを担当した佐藤は「ジャック・ブラックは大好きな俳優さんなので、すごく光栄だなと思って、楽しくやりました」と話した。

 「見どころ」を聞かれると、「(登場人物が)みんな負の部分を抱えているんです。ポンコツだったり、心に傷を持っていたり、負を抱えた人間がものすごく大きな敵に立ち向かう話が僕は大好きなので、楽しめると思います」とアピールした。

 一方、ケイト・ブランシェットが演じたツィマーマンの吹き替えに挑戦した宮沢は「収録のときは、私の大好きなケイト・ブランシェットの顔を見ながら、彼女の演技に自分の心を寄せていく時間はエキサイティングでしたし、緊張しました」と振り返った。

 また、サプライズでブラックから佐藤に、動画メッセージが届く一幕もあった。ブラックから「ジロウ・サトウ! カツゼツ良く、ポンコツ感もよろしくな」とメッセージを贈られた佐藤は「これはうれしい。僕はカツゼツとポンコツ感はおはこですから、大丈夫です」と満面の笑みを浮かべた。

 宮沢は、佐藤とブラックについて「似てますよね、他人とは思えない。骨格なんですかね? 2人の体積が似ている気がします」と真面目に分析して、笑いを誘った。

 映画は10月12日から全国ロードショー。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます