ママを味方につけろ

初回に電話でアリサのママから結婚の承諾を取り付けたキー。「ママは賛成だけど、パパは反対するから秘密にしとく」と言われて少々ビビり気味。番組中盤で、そのママがサプライズで登場。アリサの計らいでキーとママがふたりきりで話をするが、日本語も上手で気遣いのできるキーにママも大満足。「もっとスキンシップをすること。キー君の理想をきいて、その理想に近付くように」という、ママからアリサへのアドバイスも飛び出した。

「友だち母娘」も多い昨今、ハードルの高いステキ男子をゲットするためには、きっとママも協力してくれるはず。

お料理が苦手なら、ママにお弁当を作ってもらうなど、「おふくろの味」で彼の胃袋を捕まえるなんてことも。もちろん、あなたが彼ママと仲良くなるのもアリ。
 

アリサのママと3人でソウル観光へ。ママの指示で記念撮影をするふたり

自分の世界に引き込むべし

鉄壁おしゃれ男子のキー。新居にもモデルのアリサのためのランウェイを作り、ファッションショーを行うほど。

彼のファッションポリシーにかかれば、流行のムートンブーツもNGアイテムに。それを知らずペアのムートンブーツをプレゼントするアリサだが、スキー旅行でイヤイヤながら履いてくれる彼。ブーツインは断固拒否だが、「暖かい! 意外といいじゃん!」とまずまずの様子。

彼の世界にハマるだけでなく、時には彼を自分の世界に引き込んでみましょう。彼にとっても新しい世界は刺激があるはず。あなたがアドバンテージを取れるフィールドへ彼を連れ出すことで、あなたへの理解が深まり、あなたへの評価もアップ!

 

デートコーデも完璧!

  

番外編:韓国男子への魔法の言葉は「オッパ」

韓国男子にとって、年下女子から呼ばれる「オッパ(お兄さん)」という言葉は格別に甘美なもの。

とりあえず、韓国男子にむかっては「オッパ!」と呼んでみましょう。『私たち結婚しました』でも妻に自分を「チェリー・オッパ」、「キー・オッパ」と呼ばせてデレデレするふたりの姿も見逃せません。

 

レコード会社のプロモーター、ディレクターを経てエンタテインメント系ライターに。現在はK-POPアイドルのインタビューを中心に執筆。好きなアーティストはユ・ヨンジン。アイドルはYMOとソ・テジ。 

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます