大泉洋『駆込み女と駆出し男』会見で“離婚”を語る

2015.2.18 16:20配信
(左から)樹木希林、満島ひかり、大泉洋、戸田恵梨香、内山理名、原田眞人監督

映画『駆込み女と駆出し男』の完成報告会見が2月18日に開催され、大泉洋、戸田恵梨香、満島ひかり、内山理名、樹木希林に原田眞人監督が揃って出席した。

その他の写真

井上ひさしが晩年11年を費やして書き上げた時代小説『東慶寺花だより』を原案に原田監督が時代劇に初挑戦した本作。江戸時代の駆込み寺を舞台に、“離縁調停人”がもつれた男女の愛を解きほぐしていくさまを描く。

完成した映画について、キャスト陣からは「新しい時代劇」「こんな時代劇、観たことのない」といった言葉が口をついて出る。原田監督は「映画監督になる前、映画ファンだったことから時代劇と戦争映画、西部劇で育ってきて、やっと時代劇が撮れた」と感慨深げ。早くてテンポの良いセリフ回しが特徴的だが、川島雄三監督の『幕末太陽傳』を参考にしたことを明かし「『アナ雪』よりも素晴らしい女の連帯を描きたかった。いままでの中で一番いいものができたと思ってます」と自信をのぞかせた。

劇中さながら、会見でも丁々発止のやり取りで会場を笑いに包んだのはやはり、大泉と樹木。共に“離縁調停人”を演じたが、共演しての印象的なエピソードを問うと樹木は「大泉さんとは印象的なやりとりはなかった」とあっさり。大泉は「そんなことない!多少あります!」と困惑気味。樹木は改めて「大泉さんをはじめ、ここにいる若いみなさんは、自分の力量以上の力を発揮してて感心しました」と称賛の言葉を口にした。

現場ではいつも共演陣が樹木を囲み、会話を楽しんでいたそうだが樹木は「今回は私的なところで収穫はなかった。ワイドショー的な部分で」と共演陣のゴシップネタが得られなかったと不満そう。大泉は「確かに(樹木が振る話題が)ゴシップ的なことが多かった!」と苦笑しつつ「勉強になったのは樹木さんが(スタジオから)帰る時間まで自分で決めていたこと」と、樹木が撮影の進行具合を読んで、自身の出番が来ないと判断するとさっさと宿に帰っていたと暴露し笑いを誘った。

映画にちなんで“離婚”への考えを聞かれると大泉は「3歳の娘がいるので離婚は出来ないです。家庭が全てなのでなくなるのはつらい…」と切実な思いを語る。ここでも樹木は「私が話すと長くなる」と大泉に話を振っておきながら「結局しゃべりますが(笑)」とマイクを握り「男と女の縁を結ぶのは簡単だけど、切るのは難しい」と含蓄のある言葉を残し、会見は幕を閉じた。

『駆込み女と駆出し男』
5月16日(土) 全国ロードショー

いま人気の動画

     

人気記事ランキング