どこまで本当!? 猫にまつわる“俗説・都市伝説”4つ調べてみた

2015.2.22 10:30

人間と暮らすようになって数千年の歴史を持つとされる猫には、さまざまな言い伝えがある。いわく「自分の死期を悟ると人前から姿を消す」、いわく「猫には9つの命がある」――これらは何を意味し、どこまで事実なのか? 今回はそんな“俗説”や、ネット上でまことしやかに流れている“都市伝説”を調べてみた。

人間と暮らすようになって数千年の歴史を持つとされる猫には、さまざまな言い伝えがある。いわく「自分の死期を悟ると人前から姿を消す」、いわく「猫には9つの命がある」――これらは何を意味し、どこまで事実なのか? 今回はそんな“俗説”や、ネット上でまことしやかに流れている“都市伝説”を調べてみた。
 

猫は死期を悟ると人前から姿を消す

弱った野良猫を見かけることはあっても、死んだ猫を(交通事故を除けば)見ることはきわめて少ない。その意味で「死期を悟ると人前から姿を消す」は正しいようにも思えるが、実際は違っているようだ。

猫はそもそも死の概念を理解していない。ケガや病気で弱っている時に「目立たず外敵に襲われない場所でゆっくり体を癒そう」と隠れているうち、回復しきれずそのまま死んでしまう……これが結果的に“猫の死体がなかなか目撃されない”ことにつながる。

また、猫を長く飼っている人は、この俗説が真実でないことを経験的に知っているかもしれない。飼い猫は体が衰弱するとむしろ甘えてくる場合がある。自分の腕の中で愛猫を看取ったという人も少なくないはず。きっと飼い猫にとって、一番安全な場所は“飼い主の近く”なのだろう。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます

いま人気の動画

     

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント