「はい、たっちして!(立って)」「ブーブー(車)が通るよ」「ごっつんしない(ぶつけない)ように気をつけて」

赤ちゃんや幼児に話しかけるときに使う「赤ちゃん言葉」。その多くは、大人同士でもたまにふざけて使うこともある、耳なじみのあるものでしょう。

しかし中には、子どもに関わる人にとっては「知っていて当たり前」でも、新米ママ・パパが聞くと、何のことやらサッパリわからない言葉や「えっ、そういう意味なの!?」と衝撃を受けそうな言葉もあります。

今回は、そんなちょっと不思議な赤ちゃん言葉を、意味や使用例と合わせて紹介していきます。

「はぁは」

一見「ため息?」と見まがいそうな字面ですが、「歯」のこと。「はぁはをキレイにしようね〜」というように、歯磨きするシーンなどで使います。

「ちー」「ちっち」

小鳥のさえずりのような可愛い印象のこれらの言葉は、どちらも「おしっこ」の意味。

ママが子どもに「ちーしようね」「ちっち出る?」などと呼びかけるときによく使われます。1、2歳の子が、トイレトレーニングで、おしっこが出そうなタイミングをママに知らせるときに使うことも。

そのほか、地方によっては「しー」「しっし」ということもあるようです。

「くっく」

子どもの世界では、「くっくを履いてお出かけしようね」というように、「靴」を「くっく」と言うのが常識(!?)。「なんでわざわざ!? 普通に靴でよくない?」と思うかもしれませんが、「くっく」と言えば、より可愛く、子どもにも言いやすくなるんです。

「たった」「たぁた」

「くっく」が「靴」というのは、感覚的になんとなく理解できるという人も、「じゃあ『たった』は?」と言われると「!?」となるのでは?

答えは、「靴下」。『全国幼児語辞典』によると、「実際に履くのは靴下になっても、『足袋』に由来する『タータ類』が多用される」とのこと。「たび』から発生した言葉だから、「くつした」なのに「たった」「たぁた」なのですね…。

最初こそわかりにくいですが、キャラクターのニックネームみたいで、一度覚えれば忘れられないはず。

ちなみに、松谷みよ子さんによるロングセラー長編童話「モモちゃんとアカネちゃん」シリーズには、「タッタちゃん」と「タアタちゃん」という双子の靴下が登場しますよ。

「とっと」

「くっく」や「たった」とも似ていますが、こちらは「魚」の意味。そのほかに、「お父さん」や「鶏(鳥)」という意味で使われることもあるようです。

「だいじだいじ」

「大切なこと、もの」の意味。例えば、ママの仕事関係の書類やスマートフォンを指して「これはママのだいじだいじだから、触っちゃダメよ」というように使います。「大切にする」の意味の動詞として使うこともあるようです。

「おべべ」

もともと「着物」を意味する幼児語ですが、「服」という意味で使われることも。少し古い言い方なので、若い世代だと知らないママ、パパもいるかもしれません。

逆に、おばあちゃん、おじいちゃん子なら、いまどきの子でも口にすることがあるかもしれませんね。

「おんも」

「お外」の意味。これも、最近はあまり使わなくなってきた言い方ですが、「おんもに出て遊ぼうね」というように使われることがあります。童謡「春よ来い」の歌詞にも出てきます。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます