壁ドンにラッスンゴレライ!?歌舞伎俳優がまさかの熱演

2015.2.18 16:40配信
スペシャルトークイベント「KABUKI NIGHT」より スペシャルトークイベント「KABUKI NIGHT」より

スペシャルトークイベント「KABUKI NIGHT」が、2月14日に博多座で開催された。歌舞伎ファンはもちろん、初心者も気軽に楽しめると開催の度に大好評だが、今回も1階席は満席となり急遽2階席まで開放。大勢のファンの熱気に包まれた。

博多座「二月花形歌舞伎」チケット情報

博多座の女性案内スタッフに扮した片岡千壽と片岡松十郎が客席通路に突如現れ、「携帯の電源を切ってね」コントで盛り上げた後、クイーンの『ウィー・ウィル・ロック・ユー』をBGMに、MC役を勤める市川染五郎が登場。続いて片岡孝太郎、市川右近、尾上松也、大谷廣太郎、中村米吉、中村隼人が、自らがセレクトしたBGMと共に花道から登場した。

それぞれの舞台写真を見ながらの「伊達の十役」トークからスタート。中村隼人の一日を写真で追った「ある歌舞伎俳優の一日」や、出演者が事前にアンケートに答えてくれたマル秘トークコーナー「ソメトーーク!」と続き、笑いたっぷりのトークで客席を沸かせてくれた。

その後、市川染五郎作・演出のショートストーリーを現代版と歌舞伎版で披露。染五郎がナレーション、廣太郎、米吉、隼人出演によるバレンタインの物語。現代版では“壁ドン”も飛び出す楽しい演出。歌舞伎版では染五郎がツケ打ちも務め、「だんまり」や「海老反り」など歌舞伎ならではの演技も飛び出すなど、本格的な趣向で魅せてくれた。

芝居の合間には染五郎・松也が、旬のお笑いネタ「ラッスンゴレライ」を披露! 当日練習したとは思えない完成度に会場は爆笑の渦。ラストは出演者が全員で客席を練り歩き、「公演の宣伝をすること!」という条件で写真撮影もOKという嬉しいサプライズも。最高潮の盛り上がりの中、幕を閉じた。

公演後は「歌舞伎を観たことなかったけど、是非観たくなった」と「二月花形歌舞伎」チケットを買い求める姿も。様々な角度から歌舞伎の魅力を伝えてくれた一夜となった。二月花形歌舞伎は2月26日(木までに福岡・博多座にて上演中。チケットは発売中。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング