『誤解』稽古場より 撮影:山本祐之(東京フォト工芸) 『誤解』稽古場より 撮影:山本祐之(東京フォト工芸)

小川絵梨子が演劇芸術監督に就任した新国立劇場。新シーズンのオープニング作品として、カミュの『誤解』が文学座の新鋭・稲葉賀恵の演出で上演される。原田美枝子、小島聖、水橋研二、深谷美歩、小林勝也という実力派キャストが揃う稽古場に足を運んだ。

【チケット情報はこちら】

田舎町でホテルを営むマルタ(小島)とその母親(原田)は、客を殺害し金品を奪うことを繰り返していた。ある日、男性客が現れ、母娘は格好の獲物と見るが、実は彼は20年前に家を出たマルタの兄・ジャン(水橋)だった…。

まずは冒頭、マルタと母親が、男性客がジャンだと気づかぬまま、殺害を計画する場面。カウンターなどの入り組んだセットは一切なく、シンプルに腰かけがあるのみ。雨音が響き、床はくすんだ木の板が敷きつめられ、中央には灰色の薄い幕が掛かっており、マルタが「雨ばかりの町、影の国」と語る雰囲気そのまま。

殺す気満々のマルタに対し、母親は乗り気になれないようで疲れた表情を見せる。母娘のなんとも暗い“綱引き”が展開するが、とはいえ、もはや後戻りできないことは母親も承知している。「そうだね、殺さなくてはいけないだろうね」とつぶやく姿が印象的だ。稲葉が「いい意味で観客のイメージを裏切ると思う」と語る原田と小島。シーツを畳んだり、繕ったりという日常の仕事に勤しみつつ、淡々と殺人について相談する姿は背筋をヒヤリとさせる一方で、どこかユーモラスだ。

続いて、ジャンと、その妻・マリア(深谷)のシーン。財を成し、その幸せを母と妹にも分け与えようと故郷に戻ったジャンだが、彼女たちに素性を自ら明かそうとはしない。そんな彼の態度に疑問を呈するマリア。冒頭の母娘のやり取りとは対照的な、既に幸せを手にしているふたりは、“バカっぽさ”さえ感じさせるほど明るく、それがまたその後の“悲劇”を予感させる。

稲葉は俳優陣と相談しながら、少しずつ、少しずつ細かいニュアンスや動きを詰めていく。特徴的なのは「前と全然違うこと言いますけど…」「ちょっと極論ですが」などと前置きし、180度異なるやり方や、不自然な間の置き方など様々な芝居を貪欲に試していくこと。このスタンスにつられるように俳優からも様々な提案が。

そして、忘れてはならないのが小林勝也演じる老いた使用人の存在。黙々と働くこの男、セリフは少ないのだが、稲葉は数年前にこの戯曲に触れ、この使用人の最後のセリフがずっと心に引っかかっており今回、本作の上演を強く希望したという。どのような道筋を経て、衝撃のラストに辿り着くのか―?

「カミュがこれを書いた時期は大戦が続き、自分ではどうしようもない世界が広がっていて、人々が不条理というものを発見した」と稲葉。一方、いま本作を上演する意味について「いまは、不条理をみんながわかった上で“じゃあどうしようか?”と考える時代。今いる場所を逃げ出せない人たち、帰ってきたのに受け入れてもらえない人たちという構造は、今の時代に通じる」とも。現代の観客にこの不条理がどう響くのか楽しみだ。『誤解』は10月4日(木)より開幕。

取材・文:黒豆直樹

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます