アフリカの子供たちの救世主!? “銃を持った牧師”本人のアツいコメントが到着!

2012.2.9 10:34配信
『マシンガン・プリーチャー』のモデルとなったサム・チルダース本人(右)と彼を演じたジェラルド・バトラー(左)

元麻薬密売人でありながら牧師に転身し、アフリカ・スーダンの子供たちの救援活動に人生を捧げた男サム・チルダース。その半生を、『300<スリーハンドレッド>』のジェラルド・バトラー主演で映画化したのが、現在公開中の『マシンガン・プリーチャー』だ。本作について、描かれたチルダース本人はどう思っているのか。そのコメントが届いた。

その他の写真

まず映画の前半で描かれるのは、暴力と犯罪にどっぷり浸かったチルダースの荒れた生活だ。だが、そんな彼に大きな転機が訪れる。麻薬とアルコールを断ち牧師となった彼は、ボランティアでアフリカの北部ウガンダや南部スーダンに行った際に、現地の子供たちの置かれている状況に衝撃を受けるのだ。「地雷で吹き飛ばされた幼い子供の死体を見た。その瞬間、あらゆる手段を使って子供たちを助けようと心に誓ったんだ」

映画で描かれる90年代~00年代のスーダンは内戦の真っ只中で、国内は荒廃。中でも反政府組織“神の抵抗軍(LRA)”は住民を大量殺害したうえに子供を誘拐し、強制的に少年兵にしたり性的搾取を行うなど、非人道的な行いを繰り返していた。そんな現実を目にしたチルダースは、スーダンに孤児院を建設し、子供たちを守るための戦いに身を投じる。尊い命を守るために牧師が武器を持って応戦する、その行為に対しては観客の賛否も分かれるところだが、映画でチルダースを演じたジェラルド・バトラーは「彼がやらなかったら、あまりにたくさんの子供たちが死んでいた」と評価する。この点に関しては、チルダース自身の意見も明快だ。「私は、自分の行いがすべて正しいと言うつもりはない。だが、誰かに誘拐されたあなたの子供を私が取り戻してあげると言ったら、あなたはなんと答えるだろうか」

また、本作の中で賛否が分かれるであろう点がもうひとつある。チルダースはアフリカの子供を助ける活動に熱中するあまり、一時期、自らの家族を顧みなくなってしまうのだ。「特に、娘との仲は長い間、断絶状態にあった。なぜなら僕は家にまったくいなかったからね」と、崩壊寸前だった家庭環境を語るチルダース。だが、幸いなことに状況は好転したようだ。「今は娘も理解してくれて、彼女自身も非営利団体に参加している。子供たちを救いたいという情熱は僕と同じくらいだよ。アフリカや世界中の子供たちを救うことが、彼女の人生の目的になったんだ」

そんなチルダースの情熱は、今も消えていない。スーダンでは依然紛争が続いており、彼の活動は今日も続いているのだ。今回、本作に協力した理由を、「スーダンに関する知識を広めるため。それによってもっとたくさんの子供たちを救うことができる」と語るチルダース。日本の観客も彼のメッセージをしかと受け止め、まずは知るところから始めるべきだろう。

『マシンガン・プリーチャー』

(C)2011 MGP Productions,LLC.All Rights Reserved.

いま人気の動画

     

人気記事ランキング